最大28,000円のキャッシュバックあり!口座開設しておくべきメイのおすすめFX会社を更新しました!

当サイト限定!今なら条件達成でもれなく8,000円キャッシュバック中!

FX口座数国内第一位のDMM.com証券が運営するDMM FX! ファイナンス・マグネイト社調べ 2017年1月口座数調査報告書

2回目の取材で記事も大きく取り上げてもらいました

FX初心者必見!証拠金の計算からロスカットまで詳しく解説します 中編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2016-06-25

FXは損失が増えると追加証拠金が必要

先日は、証拠金の説明を行いました。

いよいよ今回は追加証拠金=マージンコールのお話しです。

儲かって、お金が増えている時は大丈夫です。では、損失が膨らんでしまった時はどうするのでしょうか。それこそ、預けている証拠金以上の損失が出ることもあるのでしょうか?

ここが一番知りたいですよね。(๑´ω๑)♡

原則として預けた証拠金以上の損失は生じません。( ・`ω・´)キリッ

損失拡大時に発動するマージンコールとは

なぜなら損失が拡大して証拠金が足りなくなると、マージンコールと呼ぶシステムが発動します。マージンコールが生じると指定時刻までに、追加証拠金を入金しなければいけません。そうしないと保有ポジションが決済されてしまいます。(´×ω×)

もし、マージンコールがかかったら、入金するかポジションを全部・一部決済しないといけません。そうしないと強制決済されることになります。(๑´ω๑)♡

また、一度マージンコールがかかった後に相場変動で証拠金維持率が回復しても、ほとんどのFX会社では入金の必要があります。(✻´ν✻)

マージンコールが発生すると取引システム上に、マージンコールが発生したとのメッセージが表示されます。そして、メールも発信されるのでポジションを持っている時はマージンコールがかからないように注意しましょう。

マージンコールがかかった時に出来ることは下記の4つ。

マージンコールの必要性

マージンコールやロスカット制度があるせいで、ポジションを決済させられたと悔しい思いをすることもあります。その後に相場変動したときは、悔しくて夜も眠れませんよね。

でも、この仕組みが無かったら預けた証拠金以上の損失が生じることも。マージンコールやロスカットは、FXトレーダーの損失を食い止めるためのルール。同時にFX会社が顧客の損失をかぶって倒産することを防ぐ意味も持っているのです。(*●⁰ꇴ⁰●)✧

マージンコールやロスカットがかかる程高いレバレッジで取引すること、大きな含み損を抱えたポジションを放置することはやめましょう。

口座照会画面:証拠金維持率は100%

口座照会画面:証拠金維持率は100%

損失が膨らみ、証拠金維持率が100%を割り込んだ状態

損失が膨らみ、証拠金維持率が100%を割り込んだ状態

DMMFXの場合、マーケットクローズ後のメンテナンス時間中に証拠金維持率判定=追加証拠金が必要かどうかを計算。その時間は

この時間に証拠金維持率が100%を下回ると追加証拠金が必要になります。

追加証拠金の入金期限

お金を入れる期限は、午前4時59分まで!火曜日の朝(マーケットクローズ時)にマージンコールがかかったら、翌朝(水曜日の午前4時59分)までに入金しないと、保有ポジションを強制決済(マージンカット)されてしまいます。(´×ω×)

最後までお読み頂き、有難うごさいます♡

それでは皆様御自愛下さい♡

  • にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

コメント (0)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。