最大24,000円のキャッシュバックあり!口座開設しておくべきメイのおすすめFX会社を更新しました!

今なら「DMMFX」が期間限定タイアップ中!最大25,000円キャッシュバックが貰えるチャンス!

「みんなのFX」でも期間限定タイアップ中!

FXで利食いが早すぎて損切りが遅い人の特徴・損失回避性について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2016-10-21

損失回避性って何?

損失回避性とは、利益から得られる満足より、同額の損失から得られる苦痛の方が大きいことから、損失を利益より大きくする人間心理の事を言います。

行動経済学では、この「損失回避性」についてダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーが「プロスペクト理論」として意思決定モデルを展開しました。

講演時のダニエル・カーネマン

ダニエル・カーネマンは、このプロスペクト理論で2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。共同研究者のエイモス・トベルスキーは1996年に59歳の若さでこの世を去りました。当然、同時に受賞することになっていたはずでしたがゆえに残念です(´;ω;`)

このプロスペクト理論はFXにおいてとても重要な行動心理ですので、じっくり解説していきます!

人間は勝った時の喜びよりも失う恐怖の方が大きい

「損失回避性」という言葉聞いたことありますか?行動経済学を専攻していないと親しみのない言葉です。

例えば次のような場面があったとします。あなたはどちらを選びますか?

私はコツコツ稼ぐがモットーなので迷わずAを選びます。期待できる利益は同じですが、大半の人が確実に1万円もらえるAを選択しますよね(✻´ν`✻)

では次の場合はどちらを選びますか?

こちらも損失の割合は同じ1万円ですが、誰もが「損失が出ない可能性があるなら」とBを選んでしまいそうな場面です。

Bを選んでしまったあなた、ちょっと待ってください。利益も損失も同じ1万円なのに、どうして行動が変わるのでしょうか?実はこれが大きな落とし穴なんです!

次の図でわかりやすく解説します!

ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーの「プロスペクト理論」

プロスペクト理論で利益と損失の価値が=でないことがわかる

図では横が利益・利得と損失の幅、縦が人が感じる価値の度合・感情となっています。

真ん中のゼロから利益の方向と、損失の方向へ同じだけ進んでも人が感じる価値は損失の方が大きいことが見てわかります。人間は自然と「利益・利得よりも損失の方を重く受け取ってしまう」のです。これを「損失回避性」と言います。

FXでも損切りに関わってくる損失回避性

上記と全く同じ行動を「FXの含み益・含み損」に当てはめることができます。

人間誰にでもある「損失回避性」が働いてるせいで、決済するタイミングが早かったり遅かったりしてしまうんですね。

FX初心者の誰もがぶつかる壁

FXを始める人は誰もが「勝ちたい!儲けたい!」と思って口座開設するはずです。誰も負けようと思って始める人はいませんもんね(´×ω×`)

でも実際取引を初めてみると「利益は小さいのにマイナスが大きくて勝てない」という壁に誰もがぶつかります。

損切りが遅れる理由は他にもある

さらに表の損失の先、左側を見て下さい。人は含み損を抱えると最初にとてつもない苦痛を感じます。しかし感じた苦痛がだんだんと緩やかになっていきます。

あなたもそんな経験ありませんか?例えば含み損0円の時と含み損10万円の時では精神的ダメージが大きく違いますよね。

しかし含み損100万円と含み損110万円の精神的ダメージの差はどうでしょう?「100万円も赤字になったのだから…」とそこまで精神的ダメージの差はありません。

これも損切りが遅れる大きな理由です。本能に逆らわない限りFXでは利益を出すことは難しいことがよくわかります。

利食いが早すぎて損切りが遅い人の対処法

もちろん私もこういった時期がありました。これでは取引をすればするほどマイナスが増えてしまいます。

損失回避性という言葉を理解しても、なかなか逆らうことは難しいですよね(´×ω×`)

まず大事なことは損切りのルールを明確にすることです。

1、損切りのルールを明確にする

これは金額でもpipsでもOKです。大事なのは取引毎に損切幅を変更しないことです。

自分が許容できる損切りのルールをまずは明確にしましょう。

2、利食いのルールも決める

損失回避性で説明しましたが1万円の利益と1万円の損失では、心理的に損失の方を大きく受け止めてしまいます。

そして勝率50%以下の場合、損切りを1万円に設定したのであれば最低でも1万円以上の利益を確保する取引をしなければプラスになりません。

損切りと同等かそれ以上の利食い幅に設定をしましょう!

3、勝率に惑わされずに金額で判断する

勝率6割を超えて一見勝てているように見えても、収支を見ると赤字というトレーダーも少なくありません。

取引を行うとわかりますが、FXの勝率は実は80%を超すことも可能な数字です。でもそれだけでは勝てないこともわかります。

勝率が良いからと言って今のトレードが正しいとは限りません。現に勝率4割でも収支がプラスになっているFXトレーダーもいます(๑´ω`๑)♡

4、利食いを早めてしまう人はIFO注文を使う

DMMFXでのIFO注文方法

DMMFXのIFO注文を使って利食いと損切り設定をする

IFO注文とは、新規注文と同時に2つの決済注文(OCO注文)を出す注文方法です。片方の決済注文が約定するともう片方は自動的にキャンセルされます。

2つの決済注文で、利食いの指値と損切りの逆指値注文を同時にいれます。1と2で決めた利食いと損切りのルールのどちらかが約定するまで自分では操作しないようにしましょう。

指値で利食い設定、逆指値で損切り設定をします

利食いを早めてしまう人はIFO注文を使って約定を待つ

こうすることによって、利益と損失の幅が決められるため利益だけが小さくなるということはありません。

5、それでもダメなら最終手段でパソコンを切る

4までやってもどうしても気になって利食いを早めてしまう人は、IFO注文を出したらパソコンの電源を切りましょう(´×ω×`)

チャートもアプリも一切見ない!正直、最初はこれくらいやらないと中々早く利確してしまう癖が抜けません。私がそうだったからです(´;ω;`)

今は便利になりすぎて外出先でもチャートの確認ができてしまいますが、利食いか損切りのどちらかが約定するまでは待つことが重要です。

これを繰り返すと自分で利食いを早めなくても「利益が積み重なっていくこと」が実感できます。慣れるまでは利食い・損切りのルールの幅を小さくして実践してみましょう(✻´ν`✻)

損失回避性を理解して利食いを待つ方法まとめ

誰もが一度はぶつかる壁ですので、同じ悩みの方も多いと思います。IFO注文は非常に便利な注文方法ですので、うまく活用して利益が出ることを祈っています(๑´ω`๑)♡

今日紹介してIFO注文はほとんどのFX会社で使えますが、DMMFXのツールは簡単操作で切り替えられるので非常に使いやすいです!

2016年11月30日(水)まで延長!DMMFXとタイアップ!

私がメインの取引口座として使っているDMMFXとのタイアップが決定しました!

今まで私のブログから新規口座開設した方は、最大20,000円のキャッシュバックとなっていました。しかし!これからは新規口座開設で「もれなく5,000円」のキャッシュバックがついてきます!

なので、最大25,000円をゲットできます!是非この機会に口座開設してみてください!

さらに今なら、こちらか口座開設すると最大25,000円のキャッシュバック付!

3か月で50万円の利益!「シストレ24」

ストラテジーを選んでおくだけで、24時間いつでも自動で売買してくれるインヴァスト証券の「シストレ24」がオススメです!

こちらから口座開設すると10,000円のキャッシュバック付き!

少額からでも始められるSBIFX

数千円からの少額投資が可能でどこよりも手数料が安く、学生や主婦の方にもオススメなのがSBIFXです!

少額から始められるのでサブ口座としても使いやすいですね!(๑´ω`๑)♡

こちらから最速で口座開設できます!

世界中から支持されているツールを使えるFXTF 

さらに、ゆくゆくは専業も考えている方にオススメなFXツールがMT4!ロシアのメタクォーツ社が開発したこのツールはカスタマイズ性に優れていて1つの口座でシステムトレードも裁量取引もできちゃうんです!(✻´ν`✻)

世界中で支持されている「MT4(メタトレーダー4)」が使えるFX会社がFXTF(FXトレードフィナンシャル)です!

こちらから口座開設すると20,000円のキャッシュバックがあります!

最後までお読み頂き、有難うごさいます♡それでは皆様御自愛下さい♡

  • にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

コメント (0)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます✧*。
(๑•ω•๑)/"♡