↑検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら!

↑最大30,000円のキャッシュバックあり!口座開設しておくべきオススメFX会社

口座数国内第1位のDMM.com証券が運営するDMMFXでもれなく4,000円!※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

国内FX会社がレバレッジ10倍規制になったらどうなる?対処法などを解説 後編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2017-09-30

レバレッジ10倍になったら市場にどう影響する?

前編の記事では、個人レベルで「レバレッジ10倍になったらどうするべきか?」を解説してきました。

後編では、個人に及ぼす影響よりももう少し大きな視点で見てみましょう!

為替相場・市場(マーケット)やFX会社への影響などを考え、今後のFXについて考えてみましょう(✻´ν`✻)

レバレッジ50倍から25倍になったときは取引量が減少した

前編で軽く触れましたが日本でも昔はレバレッジの規制がなく、100~400倍のレバレッジで取引できるFX会社が存在しました。

段階を経て今の25倍になっていますが、2011年に50倍から25倍になったとき国内FX会社の取引高は一時的に減りました。

2009年からの国内FX会社・年間総取引高推移(10億円)

2009年からの国内FX会社・年間総取引高推移(10億円)

取引年 年間総取引高
(10億円)
2009年 2,032,383
2010年 1,979,634
2011年 1,732,734
2012年 2,208,456
2013年 4,195,813
2014年 4,697,994
2015年 5,524,326

レバレッジ50倍から25倍への規制があった2011年は、前年2010年よりも約13%取引高が減少しています。

しかしその減り方は一時的で、2012年からアベノミクスが始まると爆発的に取引高は増加しました。

これはまだ仮定の話ですが、もし来年レバレッジが10倍になった場合も2011年時よりももっと取引高が減る可能性があります。

倍率の話ですが、2011年は50倍から25倍への規制でした。その差は2倍ですね。

現在話題になっているのは、25倍から約10倍への規制なのでその差は約2.5倍になります。

倍率からいえば約20%ほど取引高が減少してもおかしくありません(´×ω×`)

困るのはトレーダーだけじゃない

2010年の取引高の減少を見ると、困るのはFXトレーダーだけではないことがわかりますね?

そうです。国内FX会社も頭を抱える事態となります。

国内FX会社も顧客が減らないように躍起になる

2009年からの国内FX会社・年間総取引高推移(10億円)

さらに時は遡り、2010年よりも前の話をします。

その頃はレバレッジが100倍まで可能だった国内FX会社ですが、今のようにサービスが充実していた訳ではありません。

「エフエックス札幌」が業務停止命令を受け、破産した時期も2007年です。その頃のFX会社には、怪しい・ちょっと信用できない会社も多数ありました。

しかしそういったFX会社が規制と共に淘汰されてきたのも事実です。

そして「最大レバレッジ」で競えなくなったFX会社たちは、サービスやキャンペーンで競うようになりました。

今ではどのFX会社でも当たり前となりつつあるキャンペーンですが、もしレバレッジが下がる自体になれば取引高が下がらないように国内FX会社が「あの手この手」のキャンペーンを実施してくる可能性は高いです(✻´ν`✻)

トレードスタイルを変える必要性がある?

アンケートを設置してまだ1日あまりですが、レバレッジが10倍になるのは「反対」という意見が大多数です。

特にスキャルピングのような短期取引の場合、証拠金も少なく取引している方が多く影響が出やすいですよね(´×ω×`)

逆にスイングトレードや先日紹介したスワップポイント狙いでトレードしている方は、レバレッジを10倍以下で取引していることが多いので影響は少ないと思います。

2011年時に東京金融取引所は、レバレッジ25倍で取引しているトレーダーは「それほど多くはありません」とインタビューに回答していました。

もちろん時代も変わり、ツールの性能も上がったので当時よりも短期トレーダーは増えていると予想できます。

賛成ではないけど反対でもない

後編では過去の国内FX会社の歴史を踏まえて、今後のFXを考えてみました。レバレッジが100倍よりも高かった時代は、異常な時代でした。

私が「海外FX会社をオススメしない理由」でも書いている通り、レバレッジは25倍あれば十分だと思っています。

私個人のトレードとしては賛成と言えるけど、日本の他のトレーダーさんのことを考えると反対とも言えますね。

日本の多くのトレーダーが信頼して国内FX会社を利用しています。それはレバレッジだけでなく、安心・安全というブランド力・企業力があるからですよね( ・`ω・´)キリッ

これからもレバレッジ25倍で安心できる国内FX会社を使いたいのは、私も同じです!

この問題については、今後も続報があれば取り上げたいと思います。まずは、今後の展開に注意しましょう!

  • にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

コメント (4)

  1. 2. 匿名くん

    ぜっっっったい反対ですね!
    小額でやる意味がなくなります!
    本当に実現したら国内撤退してXMにいきます。

    レバレッジ規制じゃなくて、ゼロカットの標準化と相場急変時のロスカットや逆指のスリッページをなくすことを業者に課すべきだとおもいます。

  2. 3. メイ

    >匿名くんさん
    コメントありがとうございます!
    金融庁がいう理由であれば、確かにゼロカットの実装で済む話なんですよね‥(´×ω×`)
    まだ決まったわけではないので、今後続報があったらお伝えしますね。

  3. 4. 匿名

    流石に今回のは頭にきましたよ。

    先物や株式、金などレバレッジが50倍以上のものもあるし、約定しないリスクの高いものが多数ある中でfxたけ下げてるのは証券会社との癒着が原因でしょう。
    25倍への規制の時はしょうがないとは思ってましたが、今回のは許せないので反対と抗議をいれました。

    天下り先安泰のためにとはいえタチが悪過ぎる

  4. 5. メイ

    >匿名さん
    コメントありがとうございます!
    抗議を入れるのも1つの手ですね( ・`ω・´)キリッ

    私たちトレーダー1人1人の力は小さいかもしれませんが、集まることで何かを変えられると思っています。
    私のブログも何かのキッカケになると嬉しいです><

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。