▲検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲総額10万4,500円のキャッシュバック!詳しくは↑▲

▲誰でも新規口座開設で4,000円+20,000円のキャッシュバック!▲

110円台後半のレンジ相場に突入した今週のFX収支 +127,500円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2019-02-24

1分でわかるこの記事の内容

ドル円相場の動きが小さい週だった

今週もお疲れさまでした!少し暖かくなってきて、そろそろ卒業シーズンがやってきますね。

専業トレーダーをやっていると中々季節を感じる機会に恵まれません。

私は元々花や植物が好きだったこともあり、こういった季節の変わり目になると積極的に外に出るようにしています!

天気が悪い日が多そうなので、今週末出かけておけばよかったと後悔しています(´;ω;`)

さて今週のドル円相場は、110円台後半を行ったり来たりしているレンジ相場となりました。

2019年2月18日(月)~2月22日(金)までのドル円相場

2019年2月18日(月)~2月22日(金)までのドル円相場

2019年のドル円相場は、年始から動きがあったので久しぶりのレンジ相場となりましたね。

本来のドル円相場は、むしろこういったレンジ相場の期間が長いのが特徴です。一度週足でドル円相場を見てみましょう。

2017年~2019年2月までのドル円相場:週足チャート

2017年~2019年2月までのドル円相場:週足チャート

2018年を含めても、今週の値幅がかなり小さかったことが分かります。

これは2018年末から続いていた米閉鎖の一部閉鎖や米中貿易摩擦の行方、米利上げ観測が落ち着いてきたことを意味しています。

逆に昨年末からこの2~3か月間は、かなり混沌とした状態だったと言えます。

では、今週のドル円相場を振り返りながら今後もレンジ相場が続くのか?来週以降の相場について解説します。

ドル売り・円売りが入り乱れた週だった

週明け18日(月)は、プレジデント・デーによってニューヨーク市場が休場だったため値動きは限定されましたね。

翌19日(火)には、メキシコの壁建設費用のため非常事態宣言を発令したトランプ大統領に向け、複数の州が提訴したことが原因で若干ドルが売られる場面がありました。

しかしながら、日銀黒田総裁が衆院で「2%の物価目標の達成に必要となれば、追加緩和を検討する」と言及しました。

黒田総裁が始めた大規模金融緩和はそろそろ6年になる

黒田総裁が始めた大規模金融緩和はそろそろ6年になる

これによって円売りが発生し、円安ドル高となりましたね。

FOMC議事録では利上げ観測も残った

そして21日(木)に発表されたFOMC議事録では、バランスシート縮小は年内終了でメンバーの意見が一致しているものの利上げについては意見がわかれていることがわかりました。

これは「来年まで利上げが継続する可能性がある」ことを意味しています。

市場による利上げ期待は、昨年末からかなり後退しています。年内の利上げ確率は「10%もないのでは?」という見方が強いです。

しかし、今回のFOMC議事録では「今後の米経済(経済指標)が好調であれば、利上げを再開するかも?」とも受け取れます。

この結果にドル円相場は、さらに方向性を失いました

米中貿易摩擦は首脳会談で決着?

米中貿易摩擦について、閣僚級米中通商協議が21日・22日に開催されました。

3月1日を交渉期限としていた協議は、いつまでという期限は定まっていないものの延期は双方が同意しています。

そしてトランプ大統領は、3月中に米中首脳会談を開催することを発表しました。

3月中にフロリダにあるトランプ大統領の別荘で開催予定

3月中にフロリダにあるトランプ大統領の別荘で開催予定

「習氏と近く会談し、残された案件について議論したい」とも述べています。そこで最終決着をつける方針のようです。

右往左往しましたが、昨年から長らくドル円相場に影響を与えていた米中貿易摩擦もやっと終わりが見えてきました。

今週ドル円相場がレンジ相場となり、落ち着きを取り戻したのもこういったリスクオフの鎮静化も含まれているはずです。

FRBの思惑は?パウエル議長の議会証言にも注目

FOMC議事録では、まだ年内利上げの可能性を残したFRB(連邦準備制度理事会)ですが、来週26日・27日にはパウエル議長の議会証言が行われます。

また22日に行われたクラリダ副議長の講演では「2019年から始める金融政策の枠組み再点検の結果を20年上半期に公表する」と発言されました。

これをかみ砕いて言うと「今までは長期で大まかな政策しか公表しなかったけど、19年からは早期に詳細を公表していくよ」ということです。

今後FRBは、年内を目途に各地で会合を開いて対話方法などについて意見を交換するようですね!

こうなるとさらにFRBの動向に注目が集まります。

利上げが2019年内に停止したら?

このまま利上げ観測が戻らずに今年中に利上げが停止した場合、当初目標としていた政策金利3%に届くことなく終了となります。

もしこの状態で米経済の景気が後退しても、十分な利下げ幅が確保できていない訳です。

クラリダ副議長は、すでに当初の目標が上振れだったことを認め「埋め合わせ」のために上記のような変化や目標の修正が必要だと言及しています。

FRBの中でも意見が割れることが目立ってきました。議長2年目に突入したパウエル議長の腕の見せ所ですね( ・`ω・´)キリッ

DMMFXでメイ特製のレポートプレゼント

DMMFXでメイ特製のレポートプレゼント

なんとDMMFXで口座開設した人は、ここでしかもらえない私の特製レポートがゲットできます!

レポートには、あまり人には教えたくないテクニックやブログにも書いていない○技も書いてます(๑´ω`๑)♡

もちろん口座開設で「もれなく4,000円」のキャッシュバックも継続中ですよ(๑´ω`๑)♡

当サイト限定!メイのレポートをゲット!

自動売買のシストレで工数削減!インヴァスト証券

ストラテジーを選んで動かしておくだけで24時間いつでも自動で売買してくれるので時間が無かったり張り付いて見ているのが面倒な方にはインヴァスト証券がオススメです!

こちらから口座開設すると10,000円のキャッシュバック付き!

2019年2月18日(月)~2月22日(金)のFX収支

3戦 2勝 1敗 収支 +127,500円

2019年2月18日(月)~2月22日(金)のFX収支 +127,500円

21日の米2月フィラデルフィア連銀製造業景気指数は忘れていた訳ではなく、先週の小売売上高のように予想を下回る可能性があったのでそのまま売りポジションを持っていました。

来週も上値は重そうなので、材料がなければ今週と同じようなレンジ相場となりそうです。

議会証言でもそこまでのサプライズは期待できないと思うので、細かい動きの中でも利益を積み重ねていけるようにしましょう!

業界で唯一少額投資ができるSBIFXはこちら↓

コメント (4)

  1. 1. れぇる

    はじめまして
    気になる内容や知りたいことをブログにのせていたり、他のサイトだと難しく理解しにくいのですがこちらのメイさんのブログでは同じ内容でも分かりやすくとても参考にしています
    FXをはじめて常に勉強中で特製レポートが欲しいのですがDMMさん以外で貰えるようになりますか?
    ブログどうり分かりやすく為になると思うのでどうしても欲しいのですがどうですか?

  2. 2. メイ

    >れぇるさん
    コメントありがとうございます!

    お褒めの言葉ありがとうございます!
    特製レポートに関しましては、他の方からもお問合せが多いのですが現状他での配布等はしておりません。
    DMMFXにも他でも配布可能かかけあっているのですが、申し訳ありません(´;ω;`)

  3. 3. らっきむ

    こんなレンジ相場でもしっかり利益を出していてすごいです!尊敬します!
    メイさんはセミナーをする予定はないでしょうか?ぜひやっていただきたいです。

  4. 4. メイ

    >らっきむさん
    コメントありがとうございます!

    セミナーに関してもお問合せが多いのですが、予定は一切ございません。すいません(´;ω;`)
    何気にこう見えて人前だと中々話せない方でして苦笑
    人見知りな分、仲良くなるとかなり話すようなめんどくさい人間です(´×ω×`)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2018年 年間収支:+6,338,600円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。