↑検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら!

↑総額 8万4,500円のキャッシュバック!詳しくはこちら!

【9月8日公開】評判がかなり良いです!自動売買が気になっている方はコチラ

【FX収支】7月1日週は「+196,500円」雇用統計が好調も月末利下げは確定?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2019-07-07

ドル円相場はジェットコースターのような形に

今週のドル円相場は、6月末のG20明けにて上窓スタートになりました。

2019年7月1日(月)~5日(金)までのドル円相場

2019年7月1日(月)~5日(金)までのドル円相場

G20とともに開催された米中首脳会談にて、米中通商協議が再開されることが決まったことによってドル円はリスクオフムードが後退しましたね。週明けは、108円半ばで推移しました。

しかしながら2日夜になると、米株安・長期金利低下の影響を受けて108円を大きく割ってドル売りが加速しました。

2019年6月末~7月5日(金)までの米長期金利推移

2019年6月末~7月5日(金)までの米長期金利推移

今週は材料が少なかったことと、4日(木)は独立記念日でニューヨーク市場が休みだったということも少なからず関係していますね。

そのまま週末の雇用統計を見据えながら小規模なレンジ相場に入りましたが、5日(金)の夕方から今度は長期金利の上昇を背景にドル売りが優勢になりドルが買われました。

あとでまた詳しく書きますが、米6月雇用統計も市場予想を大きく上回って108円半ばで週末を迎えています(✻´ν`✻)

米6月雇用統計は好調!週明けの追伸もある?

7月6日(金)に発表された米6月雇用統計では、市場予想を上回りましたね。

予想 結果 前回
非農業部門雇用者数変化 16.0万人 22.4万人 7.5万人
失業率 3.6% 3.7% 3.6%
平均時給(前月比) 0.3% 0.2% 0.3%(0.2%から修正)
平均時給(前年比) 3.2% 3.1% 3.1%

非農業部門雇用者数変化が前月7.5万人でしたら、今回はかなり伸びたことがわかります。

しかしながら失業率と平均時給は、若干市場予想を下回っているので強弱入り乱れた内容となっています。

先日書いた記事で「なんで雇用統計が為替に影響するか?」を解説しましたが、前月からの伸びという認知バイアスがしっかり働いてるのがわかりましたね。

ともあれ、雇用統計結果を受けてドル円は約0.50円も円安に動きました。

今週NYダウ平均株価も高値を更新し、米中通商協議の再開なども受けて来週明けもまだ円安ドル高要因として影響しそうです。

こうなってくると今月末に控えているFOMC(連邦公開市場委員会)での利下げ動向が気になります。

好調な指標だが市場はすでに利下げムード

好調な指標だが市場はすでに利下げムード

米6月雇用統計が市場予想を下回っていれば、利下げの後押し材料となりました。しかし結果は好調にて、早期利下げの対象とはなりません。

ですが、すでに市場では「7月のFOMCで利下げが行われる」という期待感でいっぱいです。

FRB(連邦準備制度理事会)は、頭を抱えていますよね。市場予想を裏切ることでの経済の影響もあります。

そんな中7月10日(水)・11日(木)にFRBパウエル議長の議会証言が行われます。

パウエル議長には、難しいかじ取りが要求されています。利下げはあるとしても、どこまで言及するか?がポイントです。

また米6月雇用統計の発表後もFedウォッチでは、7月の利下げ予測は100%を維持しています。

Countdown to FOMC: CME FedWatch Tool

来週は、週明けの動きとFRB議長の議会証言に注目ですね!

私と一緒にDMMFXでトレードしませんか?

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中なので、今なら最大104,000円のキャッシュバック!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

今週は2勝1敗+196,500円 雇用統計はノーポジ

雇用統計前であまり動きがないと思われましたが、思いのほか動きがあったので月・火・水で1回ずつトレードできました(✻´ν`✻)

1回目 7月1日(月)買いポジション +18.0pips

1回目 7月1日(月)買いポジション +18.0pips

ちょっとチャートが見づらいですが、フィボナッチ・リトレースメントで先週6月25日・28日の底値と1日の高値を結んでいます。

テクニカル分析を使う時って「どの期間を見ればよいか?」悩みますよね?もし悩んだらこのように複数の期間で使ってみてください。

線がいっぱい引かれて見づらくなりますが、その中で気になる値段やポイントがいくつかピックアップできます。

もちろん何が正解というのは為替が動かなければわかりませんが、選択肢を増やし、その中から厳選していくイメージですね。

この時は108円を割ることがなく、もう一度高値を目指しそうな形になったのでエントリーしました。利確は少し様子みましたが、108.50円を突き抜けてくれなそうだったので決済しました。

2回目 7月2日(火)売りポジション +33.1pips

2回目 7月2日(火)売りポジション +33.1pips

2回目は、売りエントリーです。先週の底値とのフィボナッチだと少し早いように見えますが、早朝の底値を割ったので入りました。

その後もたついたので一度決済することも考えましたが、損切りは高値より少し下の108.40円に入れていたのでそのまま夜を待ちました。

利食いに関しては、もう少しとれましたね。108円ちょうどのような意識されやすい値段が入るとどうも利食いが早くなりがちです。

意識されやすい=ストップも多く反発しやすいので判断は間違ってないと思いますが、「あと10pipsとれた」と反省ですね。

3回目 7月3日(水)買いポジション -11.8pips

3回目 7月3日(水)買いポジション -11.8pips

ここは悔しいトレードでした。ADP雇用統計もあったので、そこまで長く持っているつもりもありませんでしたが、傷の浅いうちに損切りです。

ADP雇用統計の結果が悪かったため、どちらにしてもそこで損切りしていましたね。

このように大筋の方向性があっていても、短期的には損失が出ることもあります。

初心者の方は含み損を抱え続けることに慣れていないので、私のように一度損切りしたほうがいいですね。

その後気持ちもリセットしてポジションを持ち直した方が、いいと思います。含み損に耐えることも重要だけど、損切りはそもそも遅れやすいので初めのうちは早め早めの損切りを心がけましょう(✻´ν`✻)

2019年7月1日週のFX収支 +196,500円

2019年7月1日週のFX収支 +196,500円

私の17倍稼いでいるストラテジーがあった

ストラテジー(自動売買プログラム)を選ぶだけで、システムトレードをしてくれるシストレ24と私の収支こちらの記事で比較してみました。

その結果、1か月でなんと17倍以上も稼いでいるストラテジーを発見。

「最近収支が伸び悩んでいる」「自動売買に興味がある」という方は、この機会にシストレ24を使ってみてください(๑´ω`๑)♡

↓口座開設で10,000円のキャッシュバック付き↓

コメント (4)

  1. 1. よろずや

    こんにちは。
    エントリー解説、フィポナッチの考え方、勉強になります。
    ありがとうございます。<(_ _)> 
    ライン引くこと心がけます。

  2. 2. メイ

    >よろずやさん
    コメントありがとうございます!
    あくまで私のやり方なので、ご参考までに(´×ω×`)

  3. 3. K

    こんにちは。
    トレード方法や相場への姿勢も含めて、とても勉強になります。
    いつもありがとうございます!

  4. 4. メイ

    >Kさん
    コメントうれしいです(✻´ν`✻)
    相場への姿勢をほめられるってあまりないので、ちょっと感激です!

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2018年 年間収支:+6,338,600円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。