はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

毎週日曜日更新!一番読まれています▲

2020年2月3日週のFX収支は「+68,000円」新型肺炎の懸念が収まる中の新たな懸念材料とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2020-02-09

新型コロナウイルスのリスクオフは一服?

ドル円相場は、この数週間リスクオフとリスクオンが入り混じった状態ですね。

先週は新型コロナウイルスの被害拡大で109円割れをしましたが、今週は好調な米経済指標の影響を受けて109円台へ回復、その後110円台を目指す動きを見せました。

2020年2月3日(月)~2月7日(金)までのドル円相場

2020年2月3日(月)~2020年2月7日(金)までのドル円相場

緩やかに円安ドル高に向かいながら110円台を伺っている形です。今週は7日(金)に米1月雇用統計の発表がありましたので週後半は膠着しましたが、先週とまた雰囲気が変わりましたよね。

では今週のドル円相場を復習すると共に、来週の懸念材料について考えてみましょう!

米経済指標は好調!緩やかに円安ドル高に

ドル円相場を週間で見れば、緩やかながらも力強く円安ドル高へ動いているのがわかります。その要因としては、

懸念されていた新型コロナウイルスの感染拡大が一服したと同時に、好調な米経済指標が目立ち円安へ動きました。

また春節が明けた中国ですが、連休水準とは言わずとも中国株の値下がりは市場の予想よりも少なく安堵感が生まれました。

米1月雇用統計結果まとめ

予想 結果 前回
非農業部門雇用者数変化 16.5万人 22.5万人 14.7万人(前回改定値)
失業率 3.5% 3.6% 3.5%
平均時給(前月比) 0.3% 0.2% 0.1%
平均時給(前年比) 3.0% 3.1% 3.0%

7日(金)に発表された米1月雇用統計も市場予想を上回り好調でしたね!

雇用者数は多業種に伸びて、中でも建設業や教育・ヘルスサービスなどが大きな増加を見せました。

また平均時給に関しては予想を下回ってはいるものの、前月からの伸びと前年比での伸びが評価されてプラス要因となっています。

発表時は一時的に円高に動きましたがその後すぐに回復、来週以降のプラス材料として影響してきます。

こう見るとかなりポジティブな状況に見えてきますね。このまま110円を超える懸念材料はないのでしょうか?

110円台への回復が最大の焦点

ドル円相場は110円台目前となっていますが、来週の懸念材料は3つです。

テクニカル的に見ても底堅いのは間違いないですが、110円台へ突入するのか?また突入後の直近高値である110.30円の壁は?など疑問が残ります。

1つは継続した新型コロナウイルスの懸念です。だんだんと相場への影響力を弱めてはいますが、世界規模ではまだ警戒が続いています。

アメリカのインフルエンザは大丈夫なのか?

アメリカのインフルエンザは大丈夫なのか

そして先日死者数が1万人を超えたアメリカのインフルエンザです。

新型コロナウイルスの影に隠れていますが、アメリカで現在猛威を振るっているインフルエンザも感染症ですね。

すでに1万人の死者を出していながらも、まだ市場からは楽観視されています。

いつコロナウイルスからインフルエンザに懸念対象が移ってもおかしくないほど、すでに猛威を振るっているので注意が必要ですね。

第3次世界大戦の引き金になるのか?

第3次世界大戦の引き金になるのか

3つ目は2020年始にリスクオフ要因として存在した中東情勢、アメリカ対イランの問題です。

アメリカが殺害したソレイマニ司令官のアルバイーン(仏教の四十九日のようなもの)がちょうどイランの「革命記念日」と同じ2月11日(祝)ごろにあたるからです。

お互いに軍事行使は避けてきましたが、イランからすれば報復する絶好の日になります。

何もないにしろ11日(祝)は、緊張する日になりそうですね。もちろん何もないに越したことはありません。

今週のプラス材料から考えれば、来週すぐにも110円台へ突入することも考えられますが、円安ドル高一辺倒ではないことをしっかりと理解しましょう!

4,000円と特製レポートをもれなくプレゼント

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

旅行しながら1勝1敗のトレードで及第点

今週は2回買いエントリーでトレードをしています。旅行に出ていたので1勝1敗でギリギリ及第点かなという印象ですね。

2020年2月3日週のFX収支 2戦1勝1敗 +68,000円

2020年2月3日週のFX収支 2戦1勝1敗 +68,000円

4日(火)の109円台へ突入したところでのトレードを紹介します。

フィボナッチ・リトレースメントでは、先週と同じく1月の安値・高値を結んで見ていました。

2020年2月4日(火)のトレードについて +23.4pips

2020年2月4日(火)のトレードについて +23.4pips

先週は109円を割ったところで売りエントリーをして、損失を出しています。

前回トレードの逆パターンでトレードする機会は多いですよね?しかしギャンブラーの誤謬のように「前回こうだったから今回は…」と意識しすぎない方が良いです。

1つ1つ独立したトレードとして意識した方が、後々自分でも納得しやすいですよ。

もちろん109円台で跳ね返されることも十分に想定されたので、しっかりと109円に入ってからのエントリーです。

2020年2月4日(火)のトレードについて +23.4pips

2020年2月4日(火)のトレードについて +23.4pips

フィボナッチで見れば半戻しのラインが108.970円ですから「ちょっと遅い」くらいのエントリーですが、「頭はくれてやる」精神なのでよくダマシにかかる方はこれくらいを目安にゆっくり入ってください。

一度19時半ごろに下がってきていますが、幸い109円を切ることは一度もなくプラス材料を背景に上がってくれましたね。

109円を超えるまでは私もツイートしていた通り「もう少しもたつきそう」と思っていましたが、これは嬉しい誤算でした。38.2%のラインの手前、20pipsが確保できていたので利確です。

本当に今年に入ってのドル円相場は、横ばい・停滞する時間が少なく感じます。物事の移り変わりも早いので、来週はまた違う風が吹くかもしれません。

11日(火)は、建国記念日のため日本市場は休場です。ニューヨーク・ロンドン市場は動いているので、間違えないように注意しましょう!

最近「収支が伸びない」と思っていませんか?

「最近調子が悪い」「裁量取引に限界を感じる」「自分ってFXの才能がないのかも」そう思ってしまうトレーダーさんは、あなたの他にもいっぱいいます。

そして裁量取引だけが、FXではありません( ・`ω・´)キリッ

シストレ24やフルオートといった自動売買を行えば、もしかしたらあなたの悩みを解決できるかもしれません。

こちらから開設すると10,000円のキャッシュバック付↓

コメント (0)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2019年 年間収支:+8,260,500円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。