はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

初心者でも簡単にできる自動売買「シストレ24」と私のFX収支を直近1ヶ月で比較しました!▲

2020年4月13日週のFX収支は「+212,500円」ドル円相場の方向性欠如について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2020-4-19

ドル円相場は不安を表すようにアップダウン

今週は大雨が首都圏を直撃したりとコロナ以外の災害にも見舞われた方がいると思います。今日の埼玉は久しぶりに晴れて、やっと春の陽気ですね!

一方ドル円相場は、107円~108円を行き来するような掴みどころのない相場となりました。

2020年4月13日(月)~4月17日(金)までのドル円相場

2020年4月13日(月)~4月17日(金)までのドル円相場

正直「トレードしづらかった週だった」という方が多いと思います。私もその一人です。

コロナのパニック相場は第2幕へ

コロナのパニック相場は第2章へ

2月下旬からの大きく乱高下したパニック相場は、4月に入ってから少し落ち着きを見せています。

しかしその代わりに、方向性が分かりづらいレンジ相場になっていますね。もちろん長い目で見れば、第2幕というのは時期尚早かもしれません。

ただ日本に限らず、「コロナによって、この先どうなってしまうのだろう」という世界中の不安が、この相場の根底にあります。

今週のドル円相場を振り返ると共に、現状の分かりづらい相場の動きについても解説します!

コロナ禍と原油急落で上値が重い

「方向性が分かりづらい」ということは、円安・円高どちらの要因もあるということですね。さらに言えば「円高要因だと思っていたのに円安だった」といった動きも見られます。

まずは今週の円高ドル安要因をまとめてみましょう。

今週の主な円高ドル安要因

コロナ禍と米経済指標に対しては、FX初心者さんでもわかると思います。しかし原油価格に関しては、少し聞きなれないかもしれませんね。

従来であれば原油価格とドル円相場は相関関係

従来であれば原油価格とドル円相場は相関関係

基本的に原油価格とドル円相場は「相関関係」にあります。つまり原油価格が下がればドル円相場は円高になり、上がれば円安になります

しかしコロナ禍によって、原油の需要は激減しました。これにより、一概にドル売り要因とは言えないのです。

リスクアセット売りによるドルへ戻す動き

世界中で工場などが止まっているため原油の需要は、過去最低に低迷しています

そして各国が歴史的な減産をしていますが、それでも原油価格の低下は止められません。これには貯蔵庫の問題があるからです。

タンクはこの先数週間で容量を超える恐れがあります。これで大ダメージを受けるのは、原油生産企業ですね。

原油価格が下落すると共にハイイールド債のスプレッドが上昇

原油価格が下落すると共にハイイールド債のスプレッドが上昇

原油生産企業が含まれる米・ハイイールド債のスプレッドは、原油価格の下落と共に急上昇しています。

FXでもメジャー通貨よりもマイナー通貨の方がスプレッドが高いことからわかるように、急激にスプレッドが高くなったハイイールド債を誰も持っていたくないですよね?

これを売ってドルに換える(買う)動きが出てきているため、今はドル円との相関関係もありがなら乖離が見られてきているのも事実です。

この乖離=「リスクアセット売りからのドル買い」によって週末はドルが買われる動きがあり、107円半ばで週末を迎えています。

コロナ禍の中で米中の対立が激化すれば危険

コロナ禍の動きは、先週とほぼ変わらずです。しかし今週になって、再度怖い動きが出てきました。

そうです。トランプ大統領の中国叩きが始まったのです。

トランプ大統領が中国を猛烈に批判

トランプ大統領は、中国政府が新型コロナウイルスの感染拡大を意図的に情報公開をしていなかったのであれば「報いを受けさせるべきだ」と強く批判しています。

さらに「世界中が苦しむ前に中国で止まったかもしれない」とウイルスの感染源についても調査をしています。

トランプ米大統領 中国を批判、故意なら「報いを受けさせるべき」 TBS NEWS

こうなると脳裏に蘇るのが、昨年を通して行われた米中貿易摩擦です。昨年は関税の応酬となり、いわば武力なき戦争を繰り広げていた両国だけに今後の展開にも注意が必要です。

WHOをめぐっても意見が対立

トランプ大統領お得意の交渉術のようにも見えますが、次期大統領選も迫ってきているのでトランプ大統領はなりふり構っていられません

今はまだ火種だとしてもコロナ禍でのストレスが次第に膨れ上がってきているのは、外出自粛しているあなたも感じているはずです。

これが長期に渡り、どこかで爆発しないことを祈るばかりですね。

表立って仕掛けるのはトランプ大統領の方ですので、今後も彼のツイッターや公共での発言には十分注意をしましょう!

4,000円と特製レポートをもれなくプレゼント

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

「建値決済」が出来ればFX初心者は飛躍的に成長する

今週は2回のトレード1勝1敗でしたね。

売りポジションでどちらも107.50円を割った場面でエントリーしていますが、結果は大きく違います。

2020年4月13日週のFX収支 2戦1勝1敗 +212,500円

2020年4月13日週のFX収支 2戦1勝1敗 +212,500円

今回は利益が出た14日のトレードではなく、建値決済をした16日のトレードを解説します。

FX初心者は建値決済ができるだけでかなり安定する

フィボナッチ・リトレースメントでは、長期で3月9日-25日、短期で4月2日-6日を結んでいました。

週明けから少しドル売りの動きが見られたので、4月底値である107円までは考えていましたね。

14日のトレードは、107.50円を割ってからしっかりと利益がとれています。

しかし16日のトレードは、一度円高に動いたあとに急激に円安に反発しました。短い足で見るとわかりやすいと思います。

2020年4月16日の売りエントリー -1.6pips

2020年4月16日の売りエントリー -1.6pips

一時107.16円まで円高に進んでいるので、金額ベースで言えば約15万円ほど利益が出ているタイミングがありました

しかしロンドンフィキシング(ゴールドの取引価格の決定時間帯)によってドル円相場は急反発し、107円後半まで円安となりましたね。

「あと少し」の欲が大きな損失を生む

トレーダーであれば、こういった経験を誰もがしていると思います。

エントリーした値段(建値)で決済(利確・損切り)することを建値決済や建値撤退と呼びます

FX初心者さんは、この建値決済ができずに「損切りするタイミングを失ってしまった」「せっかくの利益がマイナスに」と損失を出すことが多いです。

この建値決済には2パターンあり、

今回の私の場合は前者です。どちらも決済するのに躊躇してしまう場面ですが、後者で建値決済をできないケースは本当に多いです。

「あと少しすればプラ転するかも!」と、できるだけ損失を避けたい気持ち(損失回避性)が働き、結果として損切りタイミングを逃していませんか?

建値決済については他にも書きたいことがあるので、改めて1つの記事にしたいと思います。

自分のトレードが失敗だと感じたら潔く引くのもトレーダーとして必要な判断です。FXのチャンスは、またすぐに回ってきます。

為替相場は24時間動いていますし、次のチャンスの方が大きいかもしれない。1つ1つのトレードを大事に、リスクやコストを削ってチャンスに備えましょう!

最近「収支が伸びない」と思っていませんか?

「最近調子が悪い」「裁量取引に限界を感じる」「自分ってFXの才能がないのかも」そう思ってしまうトレーダーさんは、あなたの他にもいっぱいいます。

そして裁量取引だけが、FXではありません( ・`ω・´)キリッ

シストレ24やフルオートといった自動売買を行えば、もしかしたらあなたの悩みを解決できるかもしれません。

こちらから開設すると10,000円のキャッシュバック付↓

コメント (3)

  1. 1. AWFXclubリーダー#おじさん

    今週もお疲れ様でした。なにかと大変な1週間でしたねー。建値決済っていうのですね?損切り入れながらエントリーして、利益方向にチャートが進んだら、損切り位置をエントリー位置までずらすのよくやります。これでマイナスは無くなりますからね。しかしありますよね。トレード中に訳が分からない反転って。後で理由を理解してそんなの知らんわと叫びます(笑)。

  2. 2. ナツ

    原油とドル円の相関関係知りませんでした(^^;勉強になりますm(_ _)m

    自分も16日の深夜ドル円のトレードで107.8で売りでエントリーしていたんですけど、17日の夜20時までずっと107.6~108.00の間を行ったり来たりしていて、これは思ったよりも底固いかもと思って建値少し下回った所で決済して撤退したんですけど、その後に一気に下落しちゃって相場全然読めないです(;`・ω・)
    今回で言うと自分は後者だと思うんですけど、確かに少しでもプラスになってくれたから今回は撤退選べましたけど、少しでも含み損だったら多分もう少し様子みてたと思います。ストップロスは入れてましたけどつくづく損失を出すのを躊躇っている自分がいます、、戒めないと

  3. 3. メイ

    >AWFXclubリーダー#おじさん
    >トレード中に訳が分からない反転って
    いや本当にありますよね…。そういう時はおっしゃられている通り、建値決済で終わらせるのがベストだと考えます。だってエントリーした時とは状況が変わっている訳ですからね。
    その辺りのメンタルも含めて1つの記事にしたいなと考えています!

    >ナツさん
    >損失を出すのを躊躇っている
    そうなんですよね。実際ポジションを持っていると無意識化でそうなってしまうのが怖いところです。ポジション持ってない時であれば冷静な判断ができるのに…。その辺りも1つの記事にまとめられればと!

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2019年 年間収支:+8,260,500円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。