はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

初心者でも簡単にできる自動売買「シストレ24」と私のFX収支を直近1ヶ月で比較しました!▲

2020年8月17日週の週間FX収支「+114,500円」来週のドル円相場は106円の上か下かが分かれ目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2020-8-23

米中協議延期や米長期金利低下で再度円高ドル安に

今週もお疲れ様でした!8月も終わりに近づいてきたというのに連日の猛暑で私も夏バテ気味です。

そんな中ドル円相場も先週の107円を目指した円安基調が嘘のように、105円台前半まで割り込む場面がありました。

2020年8月17日(月)~8月23日(日)までのドル円相場

2020年8月17日(月)~8月23日(日)までのドル円相場

ボラティリティー(値幅)があることはよいことですが、1週間で流れが変わり少し掴みづらい形ですね。

それも米中協議開催への両国の思惑や小競り合いの影響を受けています。また今週はFOMC議事録の発表もありました。

今週のドル円相場のおさらいをすると共に、来週のシナリオ想定とドル円狙いポイントを解説します!

ドル円の本筋は「米中関係」しかし他もマイナスが多かった

現在のドル円相場で一番大きな影響を及ぼすのは、米中関係です。

8月15日に予定されていた米中通商協議の延期で「また米中関係が悪化するのか…」という失望感からドルは売られました。

なので大筋は今後も米中関係の行方と見て問題ないです。それに付随して、米経済指標結果や他の要因で上下すると考えるのがわかりやすいですね。

日本の第2四半期GDP速報値も予想通り悪化

17日に発表された日本の第2四半期GDP(国内総生産)速報値は、予想-27.0%に対して結果-27.8%と戦後最大の下げを記録しました。

「悪い悪い」と言われていても実際にその予想を下回ってきたため、円買い要因となりました。

4~6月期は各地で緊急事態宣言が出ていた時期ですね。どれだけGDPが落ち込んだかと言えば、あのリーマン・ショック時よりも悪く、GDPを確認できる1955年以降で最も悪い数値です。

これでもまだ他人事のように思っている方は要注意です。もちろん地域によって差はありますが、今後も雇用環境や賃金に悪い影響が出ます。

FOMC議事録ではYYC導入予測後退、ドル買いの流れに

また20日に発表されたFOMC議事録では、年末に導入予定と言われていたYCC(イールドカーブコントロール)の導入予測が後退しました。

一時持ち直したドル円もまた週末にかけて方向性が掴みづらかったですね。

ただ延期された米中貿易協議が「近日中に開催」という報道もあり、ドル円相場は105円台後半で週末を迎えています。

米中の駆け引きは一筋縄ではいかない

「米中貿易協議が近日中に開催ってことは、また円安になるの?」と思いたくなりますが、米中関係は改善の方向へ向かってはいません。

もちろんそういった報道で期待感からドルが買われる場面はありますが、2018~2019年の両国間の殴り合いのようになかなか進展はしないものと考えられます。

ましてやトランプ大統領は選挙まであと3カ月となっているため、対中国との交渉で隙を見せることはしないでしょう。

「進展報道が出れば円安、トランプ大統領の駆け引きで円高」が今後も繰り返される見込みです。

8月27日にはジャクソンホール会議

FOMC議事録の発表が終わりましたが、来週には毎年恒例のジャクソンホール会議があります。

ジャクソンホールなんて名前を聞くと「大きなホールで行われる会議」のように思いますが、ワイオミング州もあるジャクソン市のことです。名前のイメージとは違い、谷にあたる結構な田舎ですよ。

2年前・2018年のジャクソンホール会議の様子

2年前のジャクソンホール会議の様子

簡単に言えば、経済やお金に特化したサミットのようなものです。今年はコロナの影響でオンラインで開催されます。(それでもジャクソンホール会議って呼ぶ)

ジャクソンホール会議の中で、FRBパウエル議長の講演もあります。これだけのシンポジウムなので新しい動きが出る可能性もあり、今後のフォワード・ガイダンス強化が言及されればドルが買われますね。

来週も主軸は今週と変わらず、米中関係の駆け引きを見ながらジャクソンホール会議も大きなポイントになるので、ニュースヘッドラインに目を光らせておきましょう!

4,000円と特製レポートをもれなくプレゼント

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

来週のポイントは106円より上か下か

今週は17日と20日に一度ずつトレードして1勝1敗でした。

先週の記事に書いた狙っていたポイントを振り返ってみましょう!

今週のドル円相場で狙っていたポイント

2020年8月17日週のドル円狙いポイント

  • 1. プラス要因・地合いの強さが継続すれば再度107円を目指す展開に
  • 2. 週明け早々トランプリスク再発で下降すればフィボナッチ38.2%の106円前半まで
  • 3. 米経済指標・FOMC議事録結果を踏まえて更に懸念材料が増えれば106円まで視野に
  • 4. 107円を超えた場合は約4週間ぶりの高値、正直越えた後のシナリオが一番わかりづらい
  • 週明けから思いのほか円高に動いたので、1と4は除外です。書いてある通り、円安に動いた方が分かりづらかったので今週前半は比較的狙い通りのトレードができました

    ただ106円を抜けてからは様子見でしたね。106円へ再度戻り定着しなかった場面で20日に売りで入りましたが、22時台にも再度106円へ戻り念のため損切りをしました。

    そのまま持っていれば105.50円までとれた場面でしたが、ここは仕方なかったですね。

    2020年8月24日週のドル円狙いポイント

    2020年8月24日週のドル円狙いポイント

  • 1. 米中関係改善・FRB予測前進によるドル買い 106円から106.37円あたりまで
  • 2. 1に加え米経済指標良好→米長期金利上昇もあれば106円半ばから107円を再度目指す形に
  • 3. 米中悪化、トランプリスク増で105.6~105.5円までの円高に
  • 4. 米経済指標悪化、ジャクソンホールでも追加言及なしのパターンだと再度底値を目指す形へ
  • フィボナッチ・リトレースメントでは、7月末の安値と8月13日高値を結んでいます。

    来週のポイントは、やはり心理的な節目となる106円より上か下かで大きく変わりそうです。

    今週後半にFOMC議事録の発表からドルが買われましたが、ここで突破or定着できなかった事実も来週に響いてきます。

    警戒は大事ですが、週明けからプラス材料で軽く超える可能性もあるので、どちらに動いても自分がどこでポジションをとるか?どこで利確or損切りするか?を想定しておくことが大事ですね(✻´ν`✻)

    コロナ自粛の間、私より稼いでいた自動売買

    「コロナ期間中、思いの他トレードがうまくいかなかった」そんな人も多いはず。私も2020年6月は月間マイナス収支となりました。

    しかしシストレ24の自動売買はコロナ期間中もしっかり利益を出していました

    こちらから開設すると10,000円のキャッシュバック付↓

    コメント (0)

    書き込む

    カテゴリ

    タグ

    月別

    プロフィール

    ニックネーム:メイ
    誕生日:5月1日生まれ
    血液型:AB型
    出身地:埼玉県
    職業:FX専業トレーダー
    2019年 年間収支:+8,260,500円
    自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。