はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

初心者でも簡単にできる自動売買「シストレ24」と私のFX収支を直近1ヶ月で比較しました!▲

2020年8月の月間FX収支 +408,500円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2020-9-1

夏枯れ相場とならなかった特殊な年

暑かった8月も終わり、ついに2020年も9月となりました。今年はコロナの影響もあって、夏休み・お盆休みを満喫できなかった方も多いと思います。

あなたがいつも通りの8月を過ごせなかったのと同じように、為替相場・ドル円相場も例年とは違う異例の相場となりました。

2020年8月のドル円相場:4時間足

2020年8月のドル円相場:4時間足

2020年8月のドル円相場
始値 高値 安値 終値
105.805円 107.047円 105.102円 105.896円

8月は日本のお盆休みなどがあり、閑散相場になりやすくアノマリーでは「夏枯れ相場」と呼ばれます。

しかし今年は取引量が枯れることはなく、例年以上に動きのあるドル円相場でした。

始値はほぼ9月と同じですね。高値は107円を一時超えるタイミングがありましたが、月末には安倍総理の辞任報道で1.5円ほど急落しましたね。

不謹慎な部分もありますが、今年の相場はコロナや様々な要因で値動き(ボラティリティー)が激しいです。値動きが激しいという=ボラティリティーが高いということは、「それだけチャンスがある」「それだけ稼ぐ機会に恵まれてる」ということですね。

私たちFXトレーダーにとっては、非常に助かる年です。そしてそれは、残りの4か月も続きます。

米中問題・米大統領選挙・総理辞任まで要因だらけ

では2020年8月のドル円相場を振り返ってみましょう!何も悪いことばかりではありませんでした。

ドルが買われる要因がいくつかありましたね。また対コロナに対してもロシアでワクチンが認可されるなど、プラス要因もありました。逆にマイナス要因は、

終わってみればトランプリスクは、特出して大きなものはありませんでした。もちろん米大統領選挙に向けて8月は党大会もあったのですが、世界を困惑させるような事態にまでは発展していません。

もちろん対中国に対しては、直接的なアプローチよりも中国傘下の米企業などにじわじわと圧力をかけていますね。今後大きな火種にならないことを祈ります。

安倍総理の辞任がなければ107円台だった?

「たられば」の話を為替でするのはナンセンスですが、安倍総理が辞任を発表した28日はドル円相場が今月2回目の107円へアプローチしている真っ最中でした。

昼過ぎにあの辞任報道がなければ、107円台へ乗っていたかもしれませんね。ただもうその推測には意味がなく、現在は105円台まで値を下げています。

ここまで下がると再度107円を目指すのは難しく、8月に2度反発した事実だけが残りました。こうなると投資家心理の中で、107円はかなり意識づけられることになり、壁は厚くなります。

9月はアノマリー通りドル円相場も安値更新か

では9月はどんなドル円相場となるのでしょうか?

あなたは「Sell in May セルインメイ(株は5月に売れ)」という言葉を聞いたことがありますか?トレーダーなら知っている人が多いと思います。

しかしこの言葉には続きがあり、「But remember to come back in September(9月に市場に戻ってくるのを忘れるな)」と続きます。

簡単にいうとこうなります。

「本当にそうなのか?」と疑問に思うところもありますが、1987年ブラックマンデーも10月、2008年リーマン・ショックは10月、2011年のギリシャショックも夏から秋の間となり、あながち9月・10月の秋に経済が停滞するのは間違っていないです。

株価が下がればドル円相場も下がる

株と為替はきっても切れない関係です。株価が下がればどうしても円高ドル安に動きます。

もちろん9月に株安へ動くことが決まった訳ではないですが、悪いタイミングで安倍総理が辞任を表明し9月15日に総裁選が行われます。

新総理が決まったからと言ってプラス=円安要因とはならず、逆に困惑している日本の政治状況はマイナス要因を作り出しています。それほど長く続いた政権だったので、仕方がないといえば仕方がないですけどね。

それを海外の投資家たちは、私たちのように理解はしてくれませんのでマイナス要因だけが株・為替相場にのしかかればおのずと結果は見えてきます。

中国がアメリカ以外とも小競り合いを始めた

また少し米中関係は少しだけ進展を見せていますが、中国はアメリカだけでなくインド・オーストラリアとも揉めています

オーストラリアのキャスターを中国が拘束したにも関わらず、その事実をオーストラリアには伝えず…

中国とインドも関係も最悪です。中国はインドへ「深刻な軍事的被害を与えることが可能」と挑発的な動きを見せています。

米中の対立だと一方的にアメリカが責めているように見えますが、中国も中国です。その発端がコロナであり、そのせいで食糧不足にもなっている現状を見ると中国も余談を許さない状況になっています。

コロナ自粛の間、私より稼いでいた自動売買

「コロナ期間中、思いの他トレードがうまくいかなかった」そんな人も多いはず。私も2020年6月は月間マイナス収支となりました。

しかしシストレ24の自動売買はコロナ期間中もしっかり利益を出していました

こちらから開設すると10,000円のキャッシュバック付↓

2020年8月はたった5回だけのトレード

  • 2020年8月のFX収支は +408,500円
  • 5戦 4勝1敗
  • 8月はノーポジの週があったりとかなりトレードが少なくなりました。正直2020年の中で一番トレードしずらかった月かもしれません。

    6月は収支こそマイナスになりましたが、今月ほどトレードしづらさを感じませんでした。もっと的確に言えばエントリーで悩むことはなかったと思います。

    先行き不透明さと上下の要因

    「上がるかと思えば下がり」「下がるかと思えば上がる」相場の世界では常ですが、8月は特に106円の上下でわかりづらかったと思います。

    これは7月後半の急激な円高も一役かっていたと思います。7月31日に急激な反発を見せたとはいえ、8月ももっと円高へ動く可能性もありましたね。またあなたも特殊なお盆休みを今年は過ごしたはずです。

    私個人も新しいことへ挑戦しようとした

    他にもトレードが少なくなった要因があるとすれば、私自身がFX以外にも様々なことへ挑戦しとうした月でした!

    フォロワーさんに相談しながら念願の自転車も買え、引っ越しをしたく内見に何度か行きました。

    本当はブログの変更など、もっといろんなことをやりたいですね。うまく時間を使えるように9月はトレードもその他のことも全力投球して頑張ります!

    4,000円と特製レポートをもれなくプレゼント

    DMMFXを使ってトレードしませんか?

    こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

    レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

    もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

    ↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

    コメント (1)

    1. 1. AWFXclubリーダー#おじさん

      8月もお疲れ様でした。枯れ相場にならなかったのはみんなコロナのため家に居るからなのか?ファンダのネタもありましたしね。世界のお金が日本株へ来てるとかの話しもあり、年末までボラ的に楽しみです。メイさんはいろいろ秋に向けて忙しくなりそうですね。体調を気をつけて頑張りましょう。

    書き込む

    カテゴリ

    タグ

    月別

    プロフィール

    ニックネーム:メイ
    誕生日:5月1日生まれ
    血液型:AB型
    出身地:埼玉県
    職業:FX専業トレーダー
    2019年 年間収支:+8,260,500円
    自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。