はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

初心者でも簡単にできる自動売買「シストレ24」と私のFX収支を直近1ヶ月で比較しました!▲

2020年10月12日週の週間FX収支「+74,000円」先行き不透明さが否めない今、世界はまたリスクオフへ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2020-10-18

今週のドル円相場は一時105円を割りそうに

今週もお疲れ様でした!埼玉もかなり寒くなり、秋…そして冬が近づいてきているのを感じます。

もう大統領選挙まで2週間とちょっとですからね。本当に4年前と違って「11月3日にやっぱりやるの?」と選挙ムードの薄さに不透明感が漂っています。

さて今週のドル円相場は、欧州でのコロナ再拡大や米追加経済対策の遅延の影響により105円を割りそうな場面がありました。

2020年10月12日(月)~10月18日(日)までのドル円相場

2020年10月12日(月)~10月18日(日)までのドル円相場

何とか持ちこたえはしましたが、米大統領選挙を前にしてアメリカ国内でもコロナ感染者が再拡大していたりと油断できない状況です。

そしてトランプ大統領の選挙目玉としていた米追加経済対策は、ムニューシン米財務長官の発言でもあったように「大統領選挙前の合意は絶望的」となりました。

今週発表された米経済指標はほぼ予想通りと足元の指標は悪くないのですが、大統領選挙や今後の米経済の行方が足を引っ張ってる感じですね。

来週は第2回目のテレビ討論会があるがバイデン勝利シナリオなの?

そして来週22日(木)には、第2回目の米大統領選挙テレビ討論会が行われます。

元々予定されていた15日の討論会は、トランプ大統領のコロナ感染により延期されましたね。来週22日と29日にテレビ討論会が予定されています。

1回目はただの「ののしりあい」となり「史上最悪」のテレビ討論会だったため為替にも影響がなかったですが、今回はそうならないことを祈ります。

どちらが大統領になるか?ではなくバイデンがなれるか?

どちらが大統領になるか?ではなくバイデンがなれるか?

米大統領選挙ですから民主党か共和党のどちらの候補者がなるか?が焦点なのですが、米メディアをはじめバイデン勝利シナリオがどこまで現実的なのか?に焦点が移りつつあります。

これだけバイデン氏有利の状況でも「何かが起きるかもしれない」のがトランプ大統領ですね。

だからこそ現在の為替相場も先行き不透明感が否めず、米経済も不安定な状況であるといえます。

どちらにしても早く決まった方が大局が見えそう

もしかしたらこのまま選挙までの2週間、為替相場は難しい局面かもしれません。

来週のテレビ討論会でどちも精彩を欠く内容だったら?またののしり合いで終わったら?むしろトランプムードになることも考えられますね。

バイデン氏が当選した方が一時的なドル買いは大きいとも考えられますが、そうなった場合の追加経済対策の行方は気になります。

4年前のような選挙前の期待は薄い

上記により選挙前の残り2週間は、先週のような先行き不透明からくる方向性の欠如に注意ですね。

新しい要因によって再度リスクオフ→105円を目指す形も十分に考えられます。逆にリスクオンになるには選挙戦がどちらに大きく傾けば考えられそうですが、そこまではテレビ討論会でも期待は薄いかなと思います。

最悪の場合は「残り2週間同じような相場」も十分ありえそうなので、「4年前とは違う」という意識を明確にもって無理のないトレードをしましょう!

4,000円と特製レポートをもれなくプレゼント

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

今週も1勝1敗で歯がゆい結果が続く

今週も2回トレードして1勝1敗でした。なかなかこういった相場なので、快勝という場面は作りづらいですね。来週も少ないチャンスを狙っていく形になりそうです。

10月12日週は2回トレード1勝1敗で+74,000円

10月12日週は2回トレード1勝1敗で+74,000円

2020年10月12日週で狙っていたドル円ポイント

2020年10月12日週のドル円狙いポイント

  • 1. 米追加経済対策期待から再度106円を目指す形になれば105.6円~105.75円辺りまで
  • 2. 105.80~106.00円の20pipsは要因が大きければ一番とれやすいポイントか?
  • 3. 金曜のようなコロナ拡大や経済対策遅延報道で105.5円まではあり得る
  • 4. サプライズや米大統領選挙を絡めたマイナス要因があれば105.5円割れも懸念
  • フィボナッチ・リトレースメントでは、10月の安値・高値を結んでいます。結果的に4が主体となり、私も大きく利益がとれたのは4でした。

    選挙前期間ということもあって最近は月曜でも相場が動くことが多いですね。基本的に月曜は様子を見ることが多いですが、先週も今週もキリの良い値段や狙いどころがあればエントリーするスタイルです。

    ただ結果の通り月曜は方向性が定まらずに反発することも多いです。その後円高に動いているので間違ってはいなかったですが、逆行するパターンもあるので早めの損切りがいいですね。

    14日の売りは正直「105円までは下がらなそうだけど、売りなら今しかない」という判断でした。結果的に行き過ぎてくれたのはよかったですが、下がりきらなくても105.1円など20pipsとれれば御の字と思っていましたね。

    木金も若干の動きがありましたが、木曜の日中のチャートを見ていても先行き不透明感が否めなかったのでチェックだけしてノーポジでした。

    2020年10月19日週のドル円狙いポイント

    2020年10月19日週のドル円狙いポイント

  • 1. メインシナリオとしては105.4~6円の横ばいか
  • 2. リスクオフ再燃で105円までは十分にありえる。狙いやすいのは105.2円を割ったあたりからか?
  • 3. プラス方向に動いても105.66円・105.83円と上値は重いイメージだが可能性はゼロではない
  • 正直テレビ討論会は、どちらの影響も含んでいます。ただ1回の討論会で現在の米経済先行き不透明感が消える訳でもないので、いささかリスクオフ要因が強いです。

    上も無理ではないですが、見えている106円も今はかなり遠く感じます。ドラマのような劇的な討論会や経済対策の急速な同意までこぎつけるなど新しい要因がない限りは、難しそうですね。

    また先週一度105円をタッチしているので、105円割れも想定には入れておきましょう!

    最近「収支が伸びない」と思っていませんか?

    「最近調子が悪い」「裁量取引に限界を感じる」「自分ってFXの才能がないのかも」そう思ってしまうトレーダーさんは、あなたの他にもいっぱいいます。

    そして裁量取引だけが、FXではありません( ・`ω・´)キリッ

    シストレ24やフルオートといった自動売買を行えば、もしかしたらあなたの悩みを解決できるかもしれません。

    こちらから開設すると10,000円のキャッシュバック付↓

    コメント (3)

    1. 1. キウチ

      自動売買はある程度の知識が必要になってくるのですか?

    2. 3. AWFXclubリーダー#おじさん

      今週もお疲れ様でした。水曜日は大きく取れましたねーっ。狙いすましたトレードで感服致します。自分は月曜日は早めの撤退で10ピブ、水曜日はメイさんと同じ様な所で10ピブ、そして金曜日に普段やらない仕事中にフィボナッチタッチで上昇と思い買いのマイナス10ピブでした。仕事中やらないルールを破った罰です(泣)。

    3. 4. メイ

      >キウチさん
      裁量取引(自分でやる取引)に比べれば知識はかなり少なくて済みますが、ツールの使い方などは知らないと使えませんね!そのあたりはこちらに詳しく書いてあります!

      FX初心者でも簡単にできるシステムトレードならインヴァスト証券のシストレ24


      >AWFXclubリーダー#おじさん
      ルールを破ってしまうとどうしても仕方ないですよね…でも今のような相場だとチャンスがあるときに掴みに行きたくなるから仕方ない点もある。

      でもその3回だけならプラスですよね!?最近のおじさんのトレードは本当に安定してきていると思います!

    書き込む

    カテゴリ

    タグ

    月別

    プロフィール

    ニックネーム:メイ
    誕生日:5月1日生まれ
    血液型:AB型
    出身地:埼玉県
    職業:FX専業トレーダー
    2019年 年間収支:+8,260,500円
    自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。