はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXで最大204,000円のキャッシュバック中▲

▲私も最近はじめてみました「みんなのシストレ」FX初心者さんでも安価&安心できる自動売買です▲

2021年9月月間FX収支 +615,500

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2021-10-1

投資家の誰もが待ち望んでいたテーパリング観測が遂にFOMCで出た

9月もお疲れ様でした!9月FOMCが終わり「やっと為替が動いてくれた!」と安堵しているトレーダーさんも多いと思います。

今年は年始からバイデン大統領に代わり円安ドル高へ、その後は方向性が乏しい期間が続いていたのでなおさらでしたよね。

2021年9月のドル円相場:4時間足チャート

2021年9月のドル円相場:4時間足チャート

2021年1月から9月までのドル円相場:日足チャート

2021年1月から9月までのドル円相場:日足チャート

8月に行われたジャクソンホール会合でのFRBパウエル議長の発言がハト派(テーパリングや利上げに対して消極的)だったことから今回も懸念はされていましたが、9月21日~22日で行われたFOMCでは予想以上にタカ派な内容が発表されました。もう一度ここでおさらいしておきます。

おそらく次回の11月からテーパリング開始を宣言し、来年2022年半ばまでにテーパリングが終了。その後に米利上げへと段階的に踏み込んでいく道筋が示されました。

利上げすると為替はどう動くの?

利上げすると為替はどう動くの?

「利上げ=その国の通貨が買われる」で基本的な考え方がOKです。低金利のお金を持っているよりも、これから金利が上がるお金を持っていたほうがお得だからですね。

なので、FOMC後大きくドルは買われ年初来高値となる円安ドル高を記録しました。「この瞬間を待っていた」というトレーダーも多かったはずです(✻´ν`✻)

FOMC後の相場に注目しながら年末~来年のドル円相場を考える

では年末から来年にかけての大筋がFOMCで示された中で、実際に相場はどのように動いていくか?考察していきます。

まずはFOMC前後のドル円相場をチェックしてみましょう!

2021年の年初来安値・高値で見ていた場合:日足チャート

2021年の年初来安値・高値で見ていた場合:日足チャート

これまでは今年1月が年初来安値、7月に年初来高値を更新していました。その後3か月ほどはフィボナッチ・リトレースメントでも23.6%のライン付近を行ったり来たりという感じですね。

しかしながらFOMC後はたった1週間で急伸し、年初来高値を上抜けしました。現在はまた111円台へ戻ってきてしまっていますが、この高値更新は大きな意味があったと考えます。次はさらに長い足で見てみましょう!

2020年~2021年の最安値・最高値で見ていた場合:週足チャート

2020年~2021年の最安値・最高値で見ていた場合:週足チャート

週足で見るとかなりわかりやすくコロナ禍からのドルV字回復がわかると思います。

一番最悪だったのはコロナと米大統領選後のトランプ派が連邦議会を襲撃した辺りですね。あれは今思ってもカオスでした…。

未だに連邦議会襲撃事件は記憶に新しい

未だに連邦議会襲撃事件は記憶に新しい

米議会襲撃 65日間の危険信号 - BBC NEWS

しかしその後は立て続けにバイデン政権が米追加経済対策やコロナ対策にも着手、まだ米失業保険申請も増加しているので懸念は残りますが「やっとここまで回復してこれた」「米経済の先が見えてきた」というのが実情です。

投資家心理としては「このまま落ち着きたい」

コロナ禍になりダウ平均株価は30,000円を割って気が気じゃなかった投資家も多かったはずです。日経平均も同じですね。

投資家心理としては「このままFOMCでの声明通りことが進んでくれれば」と思うはずです。私も同じですから、あなたもこの気持ちはよくわかると思います。

声明通りに事が進んだ場合は、11月のFOMCやその前のタイミングで昨年2020年の高値更新も範疇内だと考えます。

11月のテーパリング開始は織り込み済みだが後押しになる

未だに連邦議会襲11月のテーパリング開始は織り込み済みだが後押しになる撃事件は記憶に新しい

「声明通り=コロナからの正常化」を示している訳ですからね。その前の相場に近づくはずです。

ですが懸念材料も残ります。もちろんコロナ禍の影響やワクチンの影響、チャイナショックや年末商戦へ向けての消費・インフレの低下など…数えればキリがありません。

なので簡単に言えば「今後の円安ドル高トレンドの大筋のレールは作られたけど、そこから外れないようにしっかり動くかはこれから」というイメージです。今週のように加速したり、減速したりアップダウンはつきものですね。

やっと面白い時期になってきた

ただやっぱり為替は動きがないと面白くないです。レンジ相場を否定する訳ではないですが、一定のボラティリティ(値幅)があるから利益を稼げる訳ですからね!

そう思うと今のタイミングは、年末~来年に向けて為替が長期に動くことが予想されているので始めるには絶好のタイミングであるとも言えます。

これまではかなり方向性が見えづらかったですが、今は灯台が照らし始めてくれているので随分私も楽になりました(✻´ν`✻)

キャッシュバック4,000円と特製レポート(3,000円相当)をもれなくプレゼント

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

私も体調回復!ストイックにトレード回数を増やして加速!+615,500円

  • 2021年10月のFX収支は +615,500円
  • 8戦 6勝2敗
  • ※全てドル円50lotで取引しています
  • ・各週の詳細は週間FX収支記事から確認できます
  • 各週の週間FX記事はこちら

    今週は27日(月)と28日(火)に一度ずつトレードしており1勝1敗 +113,000円。詳しくは日曜公開の週間収支記事で書きますが、29日(水)の急伸は日中の下落「今週はここまでかぁ」とタカをくくってたので逃しました(´;ω;`)

    今週まだ今日もありますが、このまま111円前半ならトレードないと思います。再度112円を目指すよう形ならエントリーするかもですね。

    FOMCまでも耐えて小幅なトレードでチャンスを待った

    FOMCまでも耐えて小幅なトレードでチャンスを待った

    9月は1週目などのトレードも特徴的で今までは「20pipsをとれそうなタイミング」でエントリーしていましたが、FOMCまでの拮抗する相場の中で小幅にとっていったのが功を奏しました

    29日(水)の高値更新を逃したのはかなり私も悔しいですが、ここまで下がったので2回目の山をとる戦法で次を狙うしかないですね。ポジティブに切り替えて行きましょう!

    10月や年末にかけても再度高値を試す場面は出てくると思います。私も体調が万全になってきて、もう日常生活には全く支障がないですね!

    日曜日に一応検査はあるのですが、2か月ぶりの定期検診みたいなものなので大丈夫ですよ(✻´ν`✻)

    DMもおかげさまで9月半ばから毎日返信が継続できましたので、またお気軽に絡んでもらえると嬉しいです!

    今年も残り3か月。最大利益を求めながらも無理せず、あなたらしく私らしく過ごして行きましょう(๑´ω`๑)♡

    最近「収支が伸びない」と思っていませんか?

    4,000円から本格システムトレード「みんなのシストレ」

    これまでのシステムトレードは、初期投資が高かった。そんな悩みを解決したのが1,000通貨から運用できる「みんなのシストレ」!

    自動売買プログラムだけでなく、優秀なトレーダーを選んで同じように自動売買できる新しい自動売買です!

    ↓「みんなのシストレ」を始めてみる↓

    コメント (0)

    書き込む

    カテゴリ

    タグ

    月別

    プロフィール

    ニックネーム:メイ
    誕生日:5月1日生まれ
    血液型:AB型
    出身地:埼玉県
    職業:FX専業トレーダー
    2019年 年間収支:+8,260,500円
    自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。