▼はじめて来てくれた方へ▼

▼FX会社選びに迷ったら▼

▼FXの基礎から学ぶには▼

第4回:FXの値動きは3つだけ(上昇トレンド、下降トレンド、レンジ相場)【FXの基礎知識】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2022-6-16

こんにちは! 関東ってすでに梅雨入りしてたってことを今日知った私…(笑) 梅雨っぽいなとは思ってたんだけど、まさかこんな早いとは!サイレントすぎないか!

そんなことはさておき、今回のブログでは昨日(実際には本日深夜)に発表されたFOMCでの政策金利についてと、 FX初心者に向けた「値動きのパターンの基礎」について解説します!

約27年ぶり!FOMCで0.75ポイントの利上げを発表

6月15日(16日の3:00頃)、FOMCは政策金利0.75ポイントの利上げを発表しました。 0.75ポイントの利上げは1994年以来、27年7ヶ月ぶりの水準です…!

すでに0.75ポイントの利上げは織り込みが進んでいたため、政策金利発表後のコメントに注目が高まっていましたが、パウエル議長は「0.75ポイントの利上げはまれで、一般的にはならないだろう」と発言しました。

ただ、次回のFOMCについては「0.5か0.75ポイントの利上げになる可能性は高い」ということも示唆。

市場は、ある程度利上げの方針が明言されたことから安心感が広がり、米10年債利回りは低下。 主要三指数(NYダウ、S&P500、NASDAQ)はそろって反発し、米ドル円の為替レートもドルが売られ、円高に向かいました。

このFOMCの流れを受け、6月17日の日銀の政策金利決定会合がどう対応するかで、再度トレンドが変わってくるでしょう…!

ドル円の動き(1分足|6月度FOMC前後~6月16日早朝)

出典:DMM FX

FXの値動きのパターンは3つだけ

FXは激しく値動きがあり、とてもリスクが高いイメージがありますが、 実は値動きのパターンは①上昇トレンド、②下降トレンド、③レンジ相場の3つしかありません!

さらに、上昇・下降のトレンド相場は全体の3割で、残りの7割がレンジ相場なのです(`・ω・´)

FXは、トレンド相場やレンジ相場の状況に合わせて買うか(ロング)、売るか(ショート)するだけで、実はとってもシンプル。

FXで損失が大きくなってしまう方は、トレンドの見極めがまだ慣れていないか、誤っている可能性が高いかも知れません…!

「様子見」といった戦略が重要となることも

実際にドル円など比較的安定した値動きの通貨ペアでFXをスタートしてみたものの、 全然値動きがなくて、いつ売買すればいいのかわからないケースもあるでしょう。こういうときは実は「様子見」という方法もあります。

初心者の方や短期間で利益を出したいと考える方は、どうしても「ポジションを持っていなければいけない」と思いがちです。

レンジ相場が全て様子見というわけではありませんが、 自分では売買の判断ができないようなレンジ相場は「様子を見る」ことも立派な戦略( ˘ω˘)

この3つの値動きのパターンをいち早く見極める方法が、チャートを使ったテクニカル分析なのです。 テクニカル分析の具体的な手法については、今後も少しずつ解説してきますね(人´∀`)

今日はFOMCとかもあって寝不足なので、夜ご飯食べたらソッコー寝たいと思います!それでは~♪

私がメインで使うDMMFX!最大20万円キャッシュバック中!

初心者におすすめのFX会社「DMMFX」

FX初心者さん向けに専門用語を解説!

初心者でもすぐわかる!ゼロから学ぶFXの基礎知識

厳選したオススメFX会社を5社ピックアップ

FX専業トレーダーのメイいちおし!【最新版】オススメFX会社まとめ

コメント (0)

書き込む

よく検索されるワード

カテゴリ

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を発信しています。

月別