↑検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら!

↑最大30,000円のキャッシュバックあり!口座開設しておくべきオススメFX会社

口座数国内第1位のDMM.com証券が運営するDMMFXでもれなく4,000円!* 2018年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2018年1月口座数調査報告書)

衆議院選挙は与党313議席の圧勝!過去の為替変動と比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2017-10-24

自民・公明の与党が3分2の議席を獲得

10月22日(日)は、第48回衆議院議員総選挙でしたね。

ご存知の通り、与党である自民党・公明党が465議席中313議席を獲得し大勝しました!

安倍首相は国連総会出席のため現在渡米中

開票前から各メディアによって与党圧勝の予測は出ていましたが、ここまで圧勝になるとは(´×ω×`)

短期決戦だったので、分かりやすい・変わらない内容の党が強かった印象を受けました。

希望の党も小池都知事が立候補していたら、結果は変わっていたのかもしれませんね。

衆議院選挙の為替への影響

では、為替への影響はどうだったのか?先週末から今週明けのドル円相場を見てみましょう!

2017年衆議院選挙前後のドル円相場

ドル円の窓開けは、選挙結果を受けて約30銭ほど円安ドル高で始まっています。

その後時間をかけて戻ってきているのはリスクオフ要因として、アメリカが「核兵器を搭載した戦略爆撃機を24時間態勢で準備している」と報道があったためです。

北朝鮮の有事に対応するためと見られている

米空軍は否定しているものの、米軍事専門サイト「ディフェンス・ワン」で報道されたため円高ドル安に動きました。

過去の衆議院選挙との比較

上記のようにその他要因があったためドル円相場は、本日には113円台半ばまで戻ってきました。

ここで過去の衆議院選挙時のドル円相場の変動と比べてみましょう!

日時 前日終値 翌日終値 変化
2005年9月11日 109.69 110.36 +0.67
2009年8月30日 93.63 93.01 -0.62
2012年12月16日 83.47 83.88 +0.41
2014年12月14日 118.77 117.80 -0.93
2017年10月22日 113.51 113.42 -0.09

終わってみれば若干の円高ドル安に動いて昨日の終値を迎えました。

与党圧勝にて一時114円台に突入する円安要因でしたが、その後のリスクオフが強かったこと。与党圧勝の報道が織り込み済みだったことも関係していると思います。

日経平均株価は16日連続で続伸中

また日経平均株価についても見てみましょう。

日時 前日終値 翌日終値 変化
2014年12月14日 17,371円 17,099円 -272円
2017年10月22日 21,457円 21,696円 +239円

選挙前から与党勝利の予測を受けて14日連続続伸となっていた日経平均株価は、選挙後も勢いは収まらず現在16日連続で続伸しています( ・`ω・´)キリッ

今後は次期FRB議長と米税制改革

日本の衆議院選挙も終わったため今後の判断材料は、次期FRB(米連邦準備制度)議長米税制改革案の行方に絞られてきました。

10月23日(月)にトランプ大統領は、次期議長の指名発表に対して「極めて近い」と発言しました。

極めてということは、アジア訪問前というタイミングが濃厚になってきました(✻´ν`✻)

またトランプ大統領は、税制改革に対してもTwitterで発言しています。

実は税制改革の中で特定の分に関してトランプ大統領が発言するのは初めてで、「あなたの401k(確定拠出年金に関する401条k項のこと)は一切変わらない」と述べています。

これはアメリカの中所得者の税控除措置で、ニューヨークタイムズによって20日(金)に「共和党は、401k向けに拠出できる年間総額の上限引き下げを検討している」と報道されたものへ対する反論ですね。

もちろん米経済指標も見逃せませんが、この2つが今週・来週とドル円相場のカギになるのでしっかりとチェックしましょう(๑´ω`๑)♡

  • にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

コメント (0)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。