↑検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら!

↑2019年7月末までDMMFX 10万4,000円のキャッシュバック!詳しくはこちら!

【6月18日公開】私のリアル収支を2019年5~6月で比較しました!

そのリスク気付いてる?FXでトレードする前にリスクを一通り理解しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2018-09-22

1分でわかるこの記事の内容

FXは様々なベネフィットを生む、しかしリスクを知ることも重要

前回書いた不動産投資「かぼちゃの馬車」「TATERU」の問題について、「リスクを知ることが一番重要である」と書きました。

リスクと対義語であるベネフィット(利益・恩恵)を多く生むFXですが、リスクがない訳ではありません。

ほとんどのFX初心者さんは、そのリスクに気付かずに損失を出してしまうケースが多いです。

私のブログを読んでいる人たちには、そういったことがないようにリスクを理解した上でトレードをしてもらいたい( ・`ω・´)キリッ

何よりリスクは、自分が気付いていないものの方が脅威だからです。

今回はFXのリスクを解説すると共に、トレーダーが気付いていないFXのリスクを掘り下げてみます!

FXのあらゆるリスクを考えてみよう!

まずはFXでトレードをする上での基本的なリスクを考えてみます。

損失のリスク

まず始めに当たり前のことですが、FXでは損失が出ることもあります。

これは全ての投資に言えることですが、リスクゼロという投資は存在しません

「FXで勝って億万長者に…」と夢ばかりを見ていると、いざ損失が出た時に大きなショックを受けてしまいます。

また資金には限界がありますので、FXで生活が辛くなっては本末転倒です。あくまでも余剰資金でトレードをするようにしましょう!

為替変動のリスク

為替変動のリスク

FXトレーダーであればご存知の通り、為替相場は24時間変動しています。

もちろんそれによって私たちは利益を得て、逆に動けば損失となりますね。

私がメインで取引しているドル円は他の通貨に比べれは動きは穏やかな方ですが、急変動するリスクがゼロという訳ではありません。

自分の予想とは反対に急騰・急落するケースが、ポジションを持っている限りは発生することを理解しましょう!

もちろんそれを回避するために、逆指値でストップロスを入れておくのはFXトレーダーの常識です。

金利変動のリスク

為替だけではなく各国の政策金利も変動します。

先日トルコの政策金利が24%まで引き上げられました。

日本やアメリカは低金利政策のため、ドル円だけでトレードしているとあまりスワップポイントになじみがありませんよね。

しかしスワップポイントも立派な利益です。そして損失にもなるものです。

その国の政策金利が変動すれば、スワップポイントも変動するリスクがあることを理解してください。逆にスワップポイントが増えることもあるので、メリットの1つでもありますね。

流動性のリスク

為替変動のリスク

為替変動のリスクにも似ていますが、為替相場自体は日本だけでなく世界で取引されています。

あまりにも大きな市場であり、それによって価格操作やインサイザー取引ができないのがメリットでもあります。

しかし季節に期間によって、流動性が少なくなることのリスクも理解してください。

アメリカの祭日であればニューヨーク市場はお休みになるため取引量は大きく減ります。またアメリカのクリスマス休暇中も閑散期として有名ですね。

また先に述べたトルコのリラや南アフリカのランドを代表とするマイナー通貨は、ドル円などのメジャー通貨に比べて流動性が乏しいです。

そのため急騰・急落などの為替変動のリスクを招きやすいです。双方のリスクを回避するために、メジャー通貨で取引することをオススメします(✻´ν`✻)

あなたは気付いている?FXでトレードをするときのリスク

トレードする前に上記した根本的なリスクは理解しましょう!

さらに「いざトレードをしよう!」とした時にももちろんリスクがあります。次は初心者さんが気付くことが難しいリスクです。

電子取引のリスク

今ではスマホでもFX取引ができますが、便利になるにつれて気を付ける点もあります。

それがこの電子取引のリスクです( ・`ω・´)キリッ

パソコンの操作を誤って自分が思っている取引とは違うボタンを押してしまったり、操作方法を知らなかったりなど画面上で操作している以上誰でも1度は経験があると思います。

また寝不足の時や酔っ払っている時などそういった事故が起きやすいです。(私も寝落ちしてストップを付け忘れた記憶があります)

人間ですからいつでも間違いが起きるというリスクを理解して、正常な時にトレードをしましょう!

レバレッジのリスク

レバレッジのリスク

FXの最大の魅力である最大25倍のレバレッジも、正しく理解せずに取引をすると大きなリスクになり得ます。

最初のうちは資金もなくレバレッジ最大で取引をしするのは仕方がないですが、資金に余裕ができたらレバレッジを下げてトレードすることをオススメします。

私も常にFX口座を資金を調整し、レベレッジ5倍から大きくても10倍の間でトレードするようにしています( ・`ω・´)キリッ

ロスカットのリスク

これは勘違いしてるFX初心者さんが多いです。

トレードしてポジションを持ち含み損になった場合「利益が出るまで待てばいいでしょ?」と思っている方が多いですが、一定の損失が出た時点でFX会社に強制的に決済されます。これがロスカットです。(強制ロスカットともいいます)

なので、強制的にロスカットされる前に自分でストップロスを入れて損失を決済する必要があります。

強制ロスカットをされないようにレバレッジを軽くしたり、早めに決済するなどをして対策をしましょう!

スリッページのリスク

これも初心者さんは、ほぼ気付いていないです。

スリッページとは、自分が注文した価格と実際に約定された価格の誤差を意味します。

「あれ?112円ちょうどで買ったのに少しズレている?」と違和感を覚えたことはありませんか?

スリッページは、取引が多い=為替変動が激しい時に良く発生します。米雇用統計の際にトレードしたことがある人は分かると思います(✻´ν`✻)

またこれはFX会社や通信の問題でも発生します。チリも積もれば山となります。スリッページが起きないようにFXツールで調整ができるので、こちらもちゃんと設定しておきましょう!

DMMFXでのスリッページ設定画面

DMMFXでのスリッページ設定画面

その他にもリスクがないか?考えてみた

もちろん上記したのは、まだ一部です。もっと細かく掘り下げればあらゆるリスクがあると思います。

しかしここにあるものだけでも最低限理解しておけば、FXトレーダーとして「リスクを理解している」と言えますね!

もっと広い目で見れば、下記のようなリスクも考えられます。

日本にいる限り震災からは逃れられません。先日の北海道地震のように首都圏で地震が起きたら大きなリスクとなります。

米朝首脳会談から静かではありますが、北朝鮮の核問題や9.11のようなテロもいつ起こるかわかりません。

さらにその中心人物とも言えるトランプ大統領が行っている米中貿易摩擦もリスク要因です。

基本的に2か国間の問題だった場合はその国の通貨にしか影響しませんが、ドルやユーロなどの主要通貨がそこに入ってくると為替全体に影響が出ます。

それを言えば史上最大の危機とも言われた「リーマン・ショック」のような金融危機もアメリカで起きた場合には、世界規模のリスクとなります。

良いも悪いもFXの世界では、アメリカが絡んでくると、ことが大きくなります。それほど基軸通貨として、世界で扱われているということですね( ・`ω・´)キリッ

FXでトレードする前にリスクを理解しよう!のまとめ

あなたは今回紹介したリスクの全てを理解していましたか?

リスクさえちゃんと理解をしていれば、もし損失が出た場合でも「これはリスクをとった結果だ」と頭で割り切れるはずです。

「リスクをとらなければ、利益は上がらない」と投資の世界では、よく言われていますね。

リスクに自分から挑めという訳ではなく「自分が許容できる範囲のリスクを理解すること」そして「リスクをとることで、それを上回る利益を出すこと」。私はこの言葉の意味をそう理解しています(✻´ν`✻)

許容できるリスクを考えることは、トレーダーとしての自分の器を知ることにもなります。その器を少しずつで良いので、一緒に大きくできたら嬉しいです(๑´ω`๑)♡

コメント (2)

  1. 1. 匿名

    3.11のテロではなく、9.11のテロではないでしょうか。

  2. 2. メイ

    なんて初歩的なミスを!大変申し訳ないです。修正しました(´;ω;`)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2018年 年間収支:+6,338,600円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。