▲検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲総額10万4,500円のキャッシュバック!詳しくは↑▲

【2019年9月相場比較】自動売買は短期で結果が出ない?私の収支と比べてみた結果▲

9月16日週のFX収支はエントリー1回で「+106,000円」時給20万円のトレードできました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2019-09-22

ドル円相場は108円半ばまで円安になるもFOMCで円高に

少し煽り要素が入っているタイトルですいません(´×ω×`)

今週は下窓で始まりましたが、18日(水)・19日(木)に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)を前に108円前半で様子見が続きましたね。

週明けの動きを見てレンジ相場が予想されたので、私もそれまではトレードを控えました。

2019年9月16日(月)~9月20日(金)までのドル円相場

2019年9月9日(月)~9月13日(金)までのドル円相場

日本時間の19日午前3時頃、FOMC後の記者会見で追加利下げと今後のFRBの展望が発表されると一時108円台半ばまで動きましたね。

しかし19日に行われた日銀の金融政策決定会合にて、追加緩和が見送りされ円買いが強まりました。

さらに21日(土)の夜中には、米中貿易摩擦の懸念が再発…107.50円を割り込みそうなところで週末を迎えましたね。

アップダウンが激しく、週間で約1円の値幅がある週でした。

では今週のドル円相場を振り返ると共に、来週以降のトレンドについても考えてみましょう!

2019年9月FOMCの内容まとめ&米中関係おさらい

まずは今回のFOMCで発表された声明について、気になるところをピックアップしてみましょう!

市場予想として濃厚とみられていた0.25%の利下げに留まりましたね。特に大きなサプライズは、ありませんでした。

ただ気になるのは、FRB内でも意見が割れている点です。

利下げ・現状維持・利上げの3つで割れている

利下げ・現状維持・利上げの3つで割れている

この意見の割れが利下げor現状維持だけではなく、「年内に利上げが必要になる」との見方をしているメンバーもいます。

だから声明文が出てきた時点では、為替相場は円安に動いた訳です。

しかしながらFRBパウエル議長の会見は、消極的なハト派よりだったため、ドル円の上昇は抑えられましたね。

正直年内利下げor利上げ動向は、どちらになってもおかしくない五分五分の状態となりました。

こうなってくるとドル円のカギを握るのは、米中関係になります。

中国代表団が米農家視察をキャンセル

中国代表団が米農家視察をキャンセル

21日(土)深夜に、中国代表団が「米中部の農場を視察する計画」を取りやめたというニュースが入りました。

「これがきっかけでまた米中関係が悪化するのでは?」という懸念からまたリスクオフで円が買われ、ドル円は107.50円当たりまで急激に円高が進みましたね。

米中は次官級の会合をすでに行っており、10月10日ごろに高官級協議を開催する予定です。

今まではトランプ大統領が突然「関税追加だ!」などの発信をし、ドル円相場がリスクオフに見舞われることが多々ありました。しかし今回は中国側からの発信ですね。

農業はトランプ大統領にとって大事

「たかが視察とりやめでしょ?」と、貿易には関係のない出来事のように感じます。

しかし、地域が悪かったんですね。

モンタナ州を始めとする農業地域は、トランプ大統領が次期大統領選で再選するために非常に大事な地域です。

対中農産物の輸出減の穴埋めを日本にも要求してきたくらいですからね。

トランプ政権が日本に米農産物の大量購入を要求 | 2019年

これによって、中国側もアメリカでの農作物の重要度は理解しているはずです。

トランプ大統領は、憤慨ですよね。その日のうちに開いた会見で「求めているのは完全な合意だ」と発言しています。

利下げ動向が分からなくなってきた中で、米中関係の影響でまた上下する相場になりそうです。

これで何度目?米中問題再燃…

ドル円相場は、もう1年以上に渡って米中問題の影響を受けています。

基本的にはリスクオフ=円買いなのですが、時々出てくる楽観的なニュースによって急騰→下落を繰り返しています。

円安ドル高を嫌うトランプ大統領の狙いなのかもしれませんが、トレーダーとしては弄ばれている感が否めないですよね?

リスクオンから一転してリスクオフへ

先週までは、強めの円安トレンドが生まれていました。6週間ぶりに高値を更新し、FOMCの声明で108.50円超えが見えたのもそのためです。

来週は、FOMCが終わったことで材料も出し尽くした感があります。

またトランプ大統領が中国に大して、何かしらの動きをしてくる可能性は高いです。動きはとらなくてもツイッター上でのトランプ砲は、十分にあり得ます

また中国メディアでは、「トランプ大統領が関税を50%から100%に引き上げる可能性がある」と報道しています。

リスクオフは、9月月初からFOMCまでのようにジワジワと浸透しましたね。「やっとここまできたか」というイメージでした。

しかし8月上旬の動きを見てもわかるように、リスクオフの動きは早いです。

やはり私たちトレーダーもそうですが、リスク先行よりも危機回避の方にみんな敏感なんですよね。

先日私もツイッターでつぶやいていましたが、フィボナッチ・リトレースメントでみても意識される値段を割り込んできます。

来週は、週明けから悲観的な相場になることも予想されます。19日の高値をピークとして、また円高トレンドが形成されてもおかしくありません。

時給20万円稼げるものってありますか?

2019年9月16日週のFX収支 1戦1勝 +106,000円

2019年9月16日週のFX収支 1戦1勝 +106,000円

トレード時間がちょうど30分で、+10万円の収支を出したのでトレードに対する時給は20万円ってことになります。

もちろんトレード前後のチャートを分析する時間などを含めれば実際の時給はもっと下がりますが、時間効率でいうとかなり高いですよね?

もちろんlot数にもよりますが、これを超えるものってなかなか存在しません。

簡単に思いついたのは、競馬ですね。約3分くらいの間で大金が動くこともあります。

競馬のテラ銭は約25%

競馬のテラ銭は約25%

しかしながらFXorギャンブルをやってる人なら知ってるはずですが、競馬のテラ銭(主催者に支払う参加料)は約25%(JRA15%+国10%)ですね。25%ってヤバいです。

ちなみにFXのテラ銭は、何%か知ってますか?ドル円1lot=約43,000円に対して30円なので、約0.06%です。

そうです!スプレッドですね(✻´ν`✻)

エントリーした時にマイナスから始まると思いますが、それがFXのテラ銭(スプレッド)ってことになります。0.06%って良心的!

25%と0.06%っの差っておかしいですね。やっぱりFXってメリット多いと思います。

1回目 9月19日(木) 売りポジション +21.2pips

1回目 9月19日(木) 売りポジション +21.2pips

少し話がそれましたが…前述した通り、週明けはFOMCまで様子見しました。

FOMC後もサプライズがなかったのでどうするか悩んでいましたが、日銀据え置きから108円割れしましたね。

午前中の動きも早く、一気に円高トレンドになることも予想されました。

しかし前数時間で108円で押し返されていることもあったので、損切りは早めの108.11円でくらいで設定していました。

エントリー後はかなり早いペースで円高に動きましたが、107.80円あたりで少しもたつきがありましたね。

基本的には「20pipsとれればいい」というトレードなので、70銭台から少し戻ってきたところで利確しました。

この30分間はブログ記事も書きながらですが、ずっとチャートを見ていましたね。

今回はスキャルピングよりのデイトレードとなりましたが、ダラダラ利確ポイントを待つよりも効率の良いトレードができて私的には納得のいくトレードでした。

それ以降はまたレンジにて、エントリーすることもできましたが、今週はこの1回のみのトレードです(✻´ν`✻)

私と一緒にDMMFXでトレードしませんか?

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

コメント (8)

  1. 1. GAC

    週一回のトレードは珍しいのでは?
    でも確実にプラスに持っていくところがさすがです。
    私は先週の相場は難しく感じたのでノートレードでした。私が主にトレードしているポンドや豪ドルは結果的にボラもあまりなかったのでやらなくてよかったかなと思ってます。

  2. 2. メイ

    >GACさん
    >週一回のトレード
    私は結構ありますね!プラスになったのでそのまま勝ち逃げした形で褒められたもんじゃないですよ(´×ω×`)

    >やらなくてよかった
    休むも相場ですからね!自分がいけると判断しないときは、手じまいしておくのができるトレーダーだと思います(✻´ν`✻)

  3. 3. ☆☆☆☆☆☆☆

    いつもたくさんのシェアありがとうございます。

    17時~24時までの間、ほとんどチャートが見られません。
    24時以降は睡眠をとりますので、結果、動きがあるときをいつも逃してしまっている気がしています。(レンジは苦手です。)
    まだ確固たるルールを模索中ですので、その時にチャートを見ない自動売買をすることもためらってしまいます。
    メイさんの発信からも「経験値をあげるため」「チャンスはまたくる」とは思うものの、動けずにいます。

    確固たるルール作りは続けるのは大前提として、
    〇レンジに強くなる
    〇自動売買をする・・・など

    メイさんならこの状況をどのように打開していきますか?
    アドバイスいただけると嬉しいです。

    メイさんは東京市場でもよくポジションを持たれますよね。
    すごいです。

  4. 4. メイ

    >☆☆☆☆☆☆☆さん
    詳細のコメントありがとうございます!

    1つ気になったのは0時からは寝るとして、17時までもチャートは見られないのでしょうか?
    また東京市場でのトレードはNGと最初から決めつけていませんか?

    物理的に17時~朝までのトレードができないのであれば、他の時間でトレードするしかありません。または時間がないといってもスイングや長期トレードであれば、毎日時間を使わずにトレードをすることは可能です。

    もちろんまだ書かれていない詳細や状況はご本人しかわからないので、私が押し付けても仕方がないですが、もう少し柔軟な発想をしてもいいかな?と文面から感じました。またコメントお待ちしております。

  5. 5. ☆☆☆☆☆☆☆

    早速ありがとうございました。
    いずれはロットをあげてスイングでいきたいと思っています。
    その為にコツコツ、トレードしている状態です。

    説明不足でした。
    通常、東京市場でトレードしています。
    メイさんのような時給20万円のようなトレードに比べて、パフォーマンスが悪く、どうしたものかと思い、コメントさせていただいた次第でした。

  6. 6. メイ

    >☆☆☆☆☆☆☆さん
    なるほど!そうだったのですね!

    確かにその時間にチャートを見れないとなると、前の時間トレードしていたとしても不安は残りますよね。
    時給20万円はかなりうまく行ったときの煽り文句のような形で書いたので、あまり気にしないでください(´×ω×`)

    普段のトレードであれば、そこまで大きなpipsも稼いでいません。基本的に利確は「20pipsとれれば良い」と考えています。

    仮にですが、割り切ってIFOやOCO注文で17時前に注文を出しておくことはやりましたか?その間の状況がどうな状況かはわかりかねますが、メンタル的に耐えられるのであれば注文を出しておいて決済まで待つスタイルは可能だと思います!

  7. 7. ☆☆☆☆☆☆☆

    ありがとうございます!
    そうですよね。自動売買を試すのがいいですよね。
    まだ自信が持てず、やっていません。
    メンタル強化が1番の課題です。
    ポジションを持っている間はチャートをしっかりチェックできる状態でないと不安です。
    逆にチェックしすぎて利確が早くなってしまうこともあるので、メイさんのおっしゃる通り、「割り切る」ということも大事なのかもしれませんね。
    すぐにご返信くださり、感謝です。
    これからもよろしくお願い致します!

  8. 8. メイ

    >☆☆☆☆☆☆☆
    いえいえ!悩んでいるFX初心者さんの気持ちはよくわかるので、なるべく早く返信するようにしています(๑´ω`๑)♡
    また何か悩んだらいつでも相談してくださいね!

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2018年 年間収支:+6,338,600円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。