▲検索などからはじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲総額10万4,500円のキャッシュバック!詳しくは↑▲

【2019年10~11月相場比較】自動売買は短期で結果が出ない?私の収支と比べてみた結果▲

【FX収支】10月21日週のFX収支は「+98,500円」珍しくドテンしてなんとか辛勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2019-10-27

ドル円相場はFOMCを前に膠着状態

今週のドル円相場は、一時ブレグジットの影響で108円台前半まで円高に動く場面がありました。

しかし、米株の好調や米中関係の進展期待によって一時的な下げで済みましたね!

2019年10月21日(月)~10月25日(金)までのドル円相場

2019年10月21日(月)~10月25日(金)までのドル円相場

今週のドル円相場は、かなり値動きが少なかったです。改めて高値・安値を見てみましょう!

今週のドル円相場の高値・安値

始値 高値 安値 終値
108.430 108.772 108.249 108.666

もうお気づきの方もいると思いますが、今週のドル円相場はわずか53銭しか動いていないです。

この動きの中でトレードをするとどうしてもダマシに引っかかったり、利確まで待ちすぎたり、判断に迷う場面が多かったと思います。

そういう私もかなり珍しく同じ日に2回のトレード、ほぼドテンのような形でポジションを持ち直し、なんとか勝ちを収めた週でした。

それではFOMC(連邦公開市場委員会)を前にしたドル円相場の復習と、来週以降の相場について考えてみましょう!

ドル円は方向性を失い来週以降に持ち越し

今週は動きも少なかったので、復習の部分はサラっといきます。また来週に大きなイベントが集まっていますからね。

今週ドル円相場に影響を与えたのは、

23日(水)に108.20円辺りまで円高になる場面がありましたが、円安要因の方が多く、週末へ向けて108円台後半まで伸びました。

それでもFOMCと日銀金融政策決定会合が控えており、ブレグジットの新しい期限も来週まで未定となっているため動きは限定的でした。

FOMCとブレグジットの行方が重要!両方重なった場合は?

問題は来週以降ですね!まずはFOMCでの利下げ動向です。

10月29日(火)・30日(水)に行われるFOMCでは、25bpsの利下げが予想されています。

「CMEの FedWatch ツール」でも93.5%となっており、ほぼ織り込み済みとみて問題ないでしょう。

CMEの FedWatch ツール: FOMCへカウントダウン

さらなる追加利下げ示唆があった場合は?

注目点は「さらなる追加利下げがあるのか?ないのか?」です。FOMCは年内12月にまだ1回残っていますね。

もしさらなる利下げor継続的な利下げが示唆された場合は、ドル売り要因となるため円高要素が見込まれます。

しかしながら株高への影響や市場に利下げ好感ムードになった場合は、リスク選好となり円売りも発生します。揉み合いながらの様子見ですが、影響は限定的になりそうですね。

逆に利下げ打ち止めとなった方が、株価の下落から円高要因が強まるかもしれません。

ちょっと特殊な反応になっていますが、すでに10月の利下げが織り込み済みな点がミソですね。

ブレグジットの行方も気になる

ブレグジットの行方も気になる

30日(水)・31日(木)で開催される日銀金融政策決定会合も注目ですが、おそらく金融政策は据え置きになるはずです。

ただでさえ日米金融政策格差が生じてきている訳ですからね。ここで下手に動くことはないと思います。

そうなってくると気になるのは、ブレグジットの行方です。

10月31日の離脱期限が延期となりましたが、新しい期限は「これから数日かけて決める」と現時点ではまとまっており、来週以降緊急会議を開き決定されます。

12月12日に総選挙は行われるのか?

ジョンソン英首相は「今月末までにEUを離脱できないなら溝で野たれ死んだ方がマシ」と発言しており、EUが1月31日までの延期を認めるなら「12月12日に総選挙を実施したい」と表明しています。

「野たれ死ぬ」って一国の大統領が使う言葉ではないですね。でもそれほどブレグジットが混乱の最中にあることを表しています。

ただイギリスでは、首相に解散権はありません。選挙実施には下院で3分の2以上の賛成が必要です。

明日28日に選挙前倒しの首相提案を出すようですが、3分の2以上の賛成が得られるかどうかはかなり厳しい局面だと思います。

そうなるとまた堂々巡りな気もしてきますね(´×ω×`)

最悪なのは、利下げ打ち切りとブレグジットの混乱が合わさるケースです。

タイミング悪くメディアの報道などが重なった場合は、持ち直していたドル円相場も円高に急落する場面があるかもしれません。

来週は大きなイベントやブレグジットの進展がありそうなので、今週以上に気を引き締めてトレードしてください( ・`ω・´)キリッ

私と一緒にDMMFXでトレードしませんか?

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

動きがない相場でドテンした理由

今週のドル円相場は、先週以上に動きが少なかったですね。

FOMCを来週に控えていたのである程度の予測はできていましたが、私も「ここまで動かない」とは思っていませんでした。

トレード計画を立てる上で正確な予測はいらないですが、この「ある程度こうなるだろう」という予測を持つことは重要です。

トレードの経験が増えれば自ずとできるようになるし、分からない場合は各種メディアの予想レンジを複数個見て判断しましょう!1つだとちょっと鵜呑みにするのは怖いですからね。

2019年10月21日週のFX収支 2戦1勝1敗 +98,500円

2019年10月21日週のFX収支 2戦1勝1敗 +98,500円

今週1回目 10月23日(水) 売りポジション -6.5pips

今週1回目 10月23日(水) 売りポジション -6.5pips

フォボナッチ・リトレースメントでは、10月4日安値・17日高値を結んだ短いパターン4月最高値・8月最安値を結んだ長いパターンの2つで見ていました。

動きが少ない=チャンスが少ないと思っていたので、短いパターンの23.6%を割ったところで売りエントリーで入りましたね。

しかしエントリーしておきながらも「小幅な動きでまた戻ってくる」懸念は大いにありました。だからこそ、大事をとって2回目の下げの時に入ったのですが…案の定押し戻されました(´;ω;`)

今週2回目 10月23日(水) 買いポジション +26.2pips

今週2回目 10月23日(水) 買いポジション +26.2pips

今度は長い方のフィボナッチで見た時に、50%のラインが108.42円にあたりにありました。

これだけ膠着しているレンジ相場だからこそ「108.50円を越えれば上に抜けるかも」という期待もありましたね。

どちらにしても損切りは、10pips以内で入れていました。こちらも108.35円ほどに入れてましたね。こういう相場だからこそ、細かくストップを入れるようにしてズルズルと様子見するのを防ぐためです。

2回目は期待通り108.50円を抜けて、上昇してくれました。利確に悩みましたが、2時を回りそうになったことと108.70円手前でもたついたので確定しましたね。

私の20pipsほどを狙うトレードでは、今週唯一のチャンスだったかなと思います。先ほど書いたある程度の予測が立てられるようになれば、こういったチャンスを逃すことなく利益を積み重ねることがしやすくなりますよ(✻´ν`✻)

100円からFX初めてみませんか?

SBIFXなら10円や100円などの少額からFXができます。(他のFX会社だと最低4万円ほど必要)

初期費用で悩んでいる方、完全初心者の方などにオススメです(๑´ω`๑)♡

業界で唯一の少額FXができるSBIFXはこちら↓

コメント (0)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2018年 年間収支:+6,338,600円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです♫私の何気ない日常とFXの情報を掲載していきたいと思ってます。