はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

初心者でも簡単にできる自動売買「シストレ24」と私のFX収支を直近1ヶ月で比較しました!▲

1月25日週のFX収支は「-13,500円」来週もリスクオフ=円高継続か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2020-2-2

ドル円相場は年初来安値の更新になる?

今週もお疲れ様でした!早いもので2020年も2月に入りましたね(✻´ν`✻)

昨日公開した月間収支記事では、2020年1月のドル円相場についてまとめています。

今週のドル円相場は、新型コロナウイルスの被害拡大によるリスクオフが一服したようにも見えました。109円に寄り付くように横ばいとなりましたね。

2020年1月27日(月)~2020年1月31日(金)までのドル円相場

2020年1月27日(月)~2020年1月31日(金)までのドル円相場

しかし週末には月末のロンドンフィキシングでのドル売りやリスク回避ムードの再発によって、108.30円まで円高が進みました。また土日もコロナウイルスの被害は、拡大していますね。

では今週のドル円相場の動きを復習しながら、来週以降のドル円相場を考えてみましょう。

WHOが緊急事態宣言、下げ止まったように見えたが…

今週は窓明けから大きく円高ドル安に動いたことから「さらに円高が進むか?」と懸念されました。

窓は閉じなかったもののドル円相場は、109円に寄り付くように推移しましたね。

そして1月30日にWHO(世界保健機関)は緊急会合を開き「緊急事態宣言」をしました。

正直遅すぎる対応のように感じますが、この発表を受けてドル円相場は一時的に円高に動きましたね。しかしその後また109円台まで反転しました。

WHOの動きによって世界の反応が左右

WHOは緊急事態宣言をしたものの30日の会見では、「人や貿易などに制限を与えなかった」ため大きなリスクオフにはなりませんでしたね。投資家心理として少し安堵感が生まれたのですね。

我々日本人も地理的に中国が近いため被害を大きく感じてしまいますが、世界的な見解なのか?個人の見解なのか?WHOの記者会見は、今後も判断材料の1つになります。

おさまらない新型コロナウイルスの新たな展開

この土日でも被害が拡大し、新しい動き・対策が見られました。

アメリカは本日2日から「中国を訪問した外国人の入国を停止する」方針を固めました。アメリカでも緊急事態宣言を発効し、規制対象はアメリカ人も含みます。正直日本もこれくらいやってほしいですね。

問題はアメリカが緊急事態宣言を発効することで、他国も続きリスクオフに拍車がかかることです。

来週はさらに円高ドル安が強まる?

日本で被害が広がるよりもアメリカで広まった方が、影響度が強いのはお分かりですね?

アメリカが新型コロナウイルスに対策をすればするほど、リスクオフは拡大します。アメリカからしたら貿易摩擦で対立している中国相手なので、なおさら叩きやすいはずです。

今後アメリカ発の動きによって、WHOも「出入国や貿易に制限をかける」展開になれば、もう一段円高が進行するのは間違いないですね。

悲観相場の中で経済指標が悪ければ…

世界経済的にリスクオフの悲観的な相場になっています。上記のように新たなマイナス材料が出れば、リスクオフに流されやすい相場ですね。

また来週は3日(月)に米1月ISM製造業景況指数、7日(金)に米1月雇用統計の発表が控えています。

アメリカの経済指標と合わせて、今週は中国の経済指標にも注意したいところです。この2国の経済にも影響が出ていると判断されれば、円高に動きやすくなります。

一方でドルは、対マイナー通貨に対してまだまだ強い面を見せています。新たな要因が出ない場合は今週前半のように横ばい、悲観的な要因が出れば円高ドル安に動きやすい状況だと理解しておきましょう!

4,000円と特製レポートをもれなくプレゼント

DMMFXを使ってトレードしませんか?

こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

今週は掴みどころのない相場でエントリー後も後悔

2020年1月25日週のFX収支 1戦1敗 -13,500円

2020年1月25日週のFX収支 1戦1敗 -13,500円

週明けは「円高がどこまで進むか」と思いましたが、横ばいとなり逆にトレードしづらい状況になってしまいましたね。

今週は1回のみのトレードした。30日(木)に109円を割ったところでエントリーしました。

2020年1月30日(木)のトレードについて -2.7pips

2020年1月30日(木)のトレードについて -2.7pips

フィボナッチ・リトレースメントでは、1月の安値・高値を結んで見ていました。ちょうど半戻しのラインが109円を割ったところにあるのがわかりますね?

ただ週明けも109円を一度割り、その後寄り付いていたので「20pipsは欲しいけど様子を見ながら」というエントリーでしたね。

この場合損切りも通常より早くしないとリスクリワードが成り立たなくなるので、109円を超えたあたりに早めにつけていました。

結論から言うと「手を出してはいけないポイントだった」と言えます。乱高下し、利確ラインにタッチする前に損切りラインへタッチしていますね。

どちらにしろ結果が出ていなかったトレード

どちらにしろ結果が出ていなかったトレード

109円台に戻りそうになったので早めに損切りをしましたが、これだけ細かく動かれるとデイトレでもちょっと難しいです。

しかしこれこそが「今週の相場の投資家心理の現れ」だったのだと思います。来週も同じような展開になる場面が出てくると思うので、エントリーを無駄にしないようにしっかりと相場を見極めていきましょう!

最近「収支が伸びない」と思っていませんか?

「最近調子が悪い」「裁量取引に限界を感じる」「自分ってFXの才能がないのかも」そう思ってしまうトレーダーさんは、あなたの他にもいっぱいいます。

そして裁量取引だけが、FXではありません( ・`ω・´)キリッ

シストレ24やフルオートといった自動売買を行えば、もしかしたらあなたの悩みを解決できるかもしれません。

こちらから開設すると10,000円のキャッシュバック付↓

コメント (0)

書き込む

カテゴリ

タグ

月別

プロフィール

ニックネーム:メイ
誕生日:5月1日生まれ
血液型:AB型
出身地:埼玉県
職業:FX専業トレーダー
2019年 年間収支:+8,260,500円
自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。