はじめて来てくれた方は、まずはこちら▲

▲DMMFXでもれなく4,000円キャンペーン中▲

初心者でも簡単にできる自動売買「シストレ24」と私のFX収支を直近1ヶ月で比較しました!▲

FXでは「含み損を抱えたまま耐える」or「損切りしてポジションを持ち直す」どっちが得なの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最終更新日: 2019-5-24

FX初心者の素朴な疑問「どっちが得?」

質問箱で興味深い質問を頂きました!

どっちの方が得?と悩む場面が多い

どっちの方が得?と悩む場面が多い

要約するとスワップ・スプレッドを除外したときに、「含み損を抱えたまま耐える」or「損切りしてポジションを持ち直す」どちらが得か?という質問です。

FX初心者さんは、こういった場面や「あれ?これってどっちの方がいいの?」と疑問に感じることが多いと思います。

今回は、損切りや含み損について質問を元に解説していきます。

FX初心者の素朴な疑問「どっちが得?」

質問がいくつかあったので、混乱しないように整理します。

この3点です。順番に答えていきます。

「含み損を耐える」のと「損切りしてポジションを持ち直す」のはどちらが得か?

スワップ・スプレッドを除外すれば、どちらも同じです。

ドル円相場にて110.00円から109.00円まで下落し、110.00円へまた戻ってくる谷のようなチャートを想像してください。

どちらもプラマイゼロの計算になります。損切りして持ち直しても利益が相殺されるためですね。

実際にはスワップ金利やスプレッドの話が入ってくるので若干差はでますが、トレードの中身は同じことを理解できたはずです。あとで書いていますが、メンタルでの差は存在します。

「損切り」と「ナンピン」ではどちらが得か?

次は質問にあったケースで考えてみましょう!

  • A、①110.00円で10lot買いエントリー→109.50円で損切り、②109.00円で新規20lot買いエントリー
  • B、②110.00円で10lot買いエントリー→損切りせず、②109.00円で追加10lot買いエントリー(ナンピン)
  • より分かりやすくするために図にしてみました。

    AとBではAの方が利益が多い…けど?

    AとBではAの方が利益が多い…けど?

    Aの場合は109.50円で一度損切りしていますが、20lotで新規買いを増やしたのでトータルで15万円の利益です。

    Bの場合は含み損でずっと耐えており、ナンピンして平均単価を109.50円に下げる方法ですね。こちらは10万円の利益です。

    恐らく質問者さんは保有できる最大lot数で考えた結果、極端な比較になっていますが実際トレードしているとこういう場面ってありますよね?

    2つの例を比べるとAの早めの損切りが利益も多く、精神的にも楽なことが分かります。

    損切りした値段より下で買い直しても損を確定させた分、損切りは不利か?

    この答えは、NOです。

    そもそも損失を確定させない=含み損であれば損失ではないという考え方が危ういです。

    これこそが損切りを遅らせる危険な考えです。損切りしようが含み損だろうが、マイナスにはなんら変わりはありません。

    損失回避性となぜ損切りする必要があるのか?

    あなたも含み損の時に「戻れ~」とチャートに祈りをささげたことはありませんか?私はよくあります。

    人は確定していない損失に対して、回避する(先送りにする)傾向があります。それを損失回避性といいます。

    損切りしないで耐えられた時はいいですが、あくまで相場が戻った時だけです。

    実際の相場はさらに下落することもあり、ナンピンによって損失が拡大することもあります。

    なので「損を確定している分、損切りの方が不利」という考え方は、改めた方が良いですね!

    そもそもなぜ損切りするのか?

    ずっと待っていればまた戻ってくるののならば、塩漬けにして何年後・何十年後までも待っていればいい訳です。

    でもそうできない理由が2つあります。

    1つはFX会社のシステム上、私たちは一定の額までしか含み損にできません。

    証拠金維持率が50%を下回った場合は、それ以上の損失が拡大しないために強制決済(マージンカット)となるため半永久的に含み損ではいられません。

    また質問者さんも書いていた通り、含み損に耐えきれなくって決済するケースですね。

    逆にこれさえなければ、ずっと放置しておけばいつかは戻る可能性が高いです。いつ戻るかはわかりませんけどね…(´×ω×`)

    含み損はメンタルへのプレッシャーになる

    含み損がある状態は、精神衛生上良くないです。

    初めの頃は、他のことが手につかなくなるかもしれません。

    含み損を抱えながら新規トレードをしようとしても、いつもと同じ判断ができるかわかりませんよね。

    私は、エントリー前に必ず損切りラインを定めます。「いつまでも耐える」と考えていると損失の確定もできませんので、利確もどこで行えばよいか不明瞭になります。

    最終的にはその人のトレードスタイル次第

    恐らく質問者さんは「損切りの方がいいだろうけど、確証がない」と思っていたのではないでしょうか?

    たまたま今回私も同じ考えだったので「損切りの方が最終的には得」と答えましたが、トレーダーの中には「含み損で耐えた方が良い」と答える方もいるはずです。

    ナンピンというトレード手法があるように、それでもトレードできるのがFXです。

    また今回はデイトレードという時間ベースで考えましたが、これがスイングトレードだったらどうでしょうか?

    「状況よって違いが出るが…」と質問者さんもそれを理解していると思いますので、1つの参考だと思ってください。

    今回の質問のように「どっちがいいの?」「このトレードは合ってるの?」など、難しい質問にもできる限りお答えしています!質問箱でもブログコメントでもお待ちしていますよ(✻´ν`✻)

    私と同じDMMFXを使ってトレードしませんか?

    DMMFXを使ってトレードしませんか?

    こちらのバナーからDMMFXで口座開設した方には、「私の特製レポート」を差し上げています!

    レポートには、初心者さんに知ってほしいテクニックブログには書いていない○技も書いてます!

    もちろん「もれなく4,000円」のキャッシュバックのキャンペーンも継続中です!

    ↓当サイト限定「メイのレポート」をゲットする↓

    コメント (0)

    書き込む

    カテゴリ

    タグ

    月別

    プロフィール

    ニックネーム:メイ
    誕生日:5月1日生まれ
    血液型:AB型
    出身地:埼玉県
    職業:FX専業トレーダー
    2019年 年間収支:+8,260,500円
    自己紹介:家庭菜園を育てながらFXをする事に生きがいを感じている専業トレーダーです!ドル円をメインにFX初心者さんへ分かりやすく為替の情報を掲載しています。